kuro score >>> cross core !!!

enkure1.jpg

呉での二軒目、いや三軒目は定番の『どん底』へ
向かうはずが、途中で新しい店ができているのを
見つけてしまい、なんとなく勢いで入ってみた。

店内は、L字型のカウンターに7~8席。その奥にも
席があったような、なかったような。三軒目なので
最初っから日本酒。地酒は雨後の月と千福。あとは
天吹や北雪、南部美人、雅山流などなど。やや東北の
お酒が多かったかな。その中からまずは福島の「天明」
特別純米。さらっと飲めるけど、旨みが後に残るお酒。
料理のメニューを見ると、賀茂茄子田楽に冷やし賀茂茄子、
賀茂茄子揚げだし、賀茂茄子&生麩のミートグラタンと
賀茂茄子尽くし。話を聞いてみると、京都で働いて
おられたそうで、納得。でもあえて賀茂茄子はスルーして
冬瓜の冷やしあんかけ。既にそこそこお腹いっぱいだった
というのもあるけど、やっぱり夏は冬瓜でしょ。ミョウガや
パプリカがのり、目にも涼やかで、味も優しくさっぱりしてて
ほっとする。これで少し食欲が増したので、お刺身も追加。

鱧とカンパチ、スズキがあったのでスズキを。そしたら
これがコリコリもちもちしてて、爽やかな甘みもあって
絶妙な旨さ。おかげで、食欲完全復活(笑)。続けて
焼き甘長トウガラシ、焼き鱧のさっと煮も頼む。シンプルな
味付けのトウガラシは、フレッシュな素材の味が生かされ
箸が止まらなくなる。そして、焼き鱧のさっと煮。これは
旨みがぎゅうっとつまった柔らかく温かい鱧の身とダシが
絡んで、思わず唸る。こんなに美味しい食べ方もあるのかー。
軽く一杯だけ飲むつもりが気づけば「春鹿」山廃純米を
ぬる燗で追加し、鱧と鱧子の煮凝りまで頼む始末。いや
でも本当に、どの料理も個人的ツボにハマったんです。
これは秋くらいに再訪せねば。今回、結局『どん底』には
行けなかったから、まとめて一緒に回る予定立てようっと。

■創菜酒房 縁/呉市中通2-5-10[17:00~22:00]

Comments 0