c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

comics1302.jpg

今月は(厳密には先月刊行分も含む)、終わりゆく作品と
これから始まって進み出す作品が重なり合う時季となった。
願わくは、すべての作品が作者の思う着地点まで無事に
到達し、納得のいく最後を迎えられますように。

■福満しげゆき『就職難!! ゾンビ取りガール』1巻 講談社
福満しげゆき最新作は、日常系ゾンビ漫画。これまで
『カワイコちゃんを2度見る』や『僕の小規模な生活』に
収録された「日本のアルバイト」と題する短編で繰り返し
描かれてきた、“ゾンビが日常に溶け込んでいる世界”が主題。
タイトルからも分かるように、今回は20代女子が主人公…と
言いたいところですが、基本的にはいつもの冴えない青年が
狂言回しとなって進行。身の回りをゾンビがうろついていても
みんなあまり気にせず、のん気に日々が過ぎてゆくのが
日本っぽいなあと思ってたら、第6話で事態は急変。福満先生が
憎んでやまないヤンキー系不良が集団でゾンビ化し、一気に
緊迫感がみなぎる。そこからの緻密かつ臨場感あふれる大捕物が
生活』のアクションシーンを彷彿させる、手に汗握る展開で
異様に面白い。しかもそんな怒涛の展開なのに、最後の締めが
ちょっと予想外というか、斜め上すぎるオチで。とにかく
福満先生の圧倒的なストーリーテラーっぷりや、ただの
ほのぼのエッセイ漫画家じゃあないぞという意志をあらためて
思い知らせてくれる一作。続きが気になるけど、2巻はたぶん
来年くらいだろうな。あと、あとがきに関しては、いつも通りか
それ以上に長くて、くだらなくて、こっちも最高です。
■芦奈野ひとし『カブのイサキ』6巻 講談社
今巻で、少し不思議&広大な世界の物語も完結。
が、かなり急展開というか、ただでさえ不思議な話
だったのに、終盤でいろいろ世界の謎を置いたまま
さらに向こう側へ行っちゃった感じ。あまり詮索したく
ないけど、強引に終わらせたようにも見えてしまう。
もうちょっと、この世界をゆったり眺めていたかったな。
で、終盤の超展開をどう受け止めたらいいか悩んで
ネットでいろいろ検索してみたら、作中で語られた
「45秒の後」=「死後の世界」みたいなオカルティック
解釈が出てきて、今まさに慄然としている。そう考えたら
いろいろ辻褄合ったりするな…でもそんな怖い話イヤだ(笑)。

■沙村広明『ベアゲルター』1巻 講談社
『無限の住人』が19年の連載に幕を下ろしたばかりの
沙村氏による最新作。ここ最近ギャグ系が多かったので
軽い気持ちで手にとってみたら、黒沙村とでも言うべき
性&暴力シーンの連打。こっち系の作品も描かれることを
すっかり忘れてた。かなりキツい描写があるので、万が一
手に取る際は相応の覚悟が必要です。ただ、1~2話あたりは
正直しんどいものの4話以降、三つ巴の戦闘が始まると
アクション漫画として一気に面白くなります。今後
あまりエグくならないことを期待して、買い続けよう。

■カレー沢薫『クレムリン』7巻 講談社
脱力系ネコ漫画クレムリンも、今巻で一応完結。
でも、今まで散々終わる終わる詐欺を繰り返してるので
信憑性ゼロ。たぶんそのうちすぐ復活する。というか
既にどこかの媒体で復活してるかも。そんなことより
今巻の酷キャラ第一位は、肉球さんを差し置いて
ニャーベル賞受賞のニャマニャカ氏に決定しました。
博士だからってハンニバル・レクター仕様とか酷い(笑)。

■西原理恵子『西原理恵子の人生画力対決』5巻 小学館
今回は何と言っても、藤田和日郎&島本和彦戦がメイン。
藤田和日郎と言えばやはり、個人的には『うしおととら』。
自分にとっての三大サンデー漫画は『あ~る』、『帯ギュ』、
『うしとら』なので、神様は言いすぎとしても、ある意味
アイドル的存在。それが、島本先生ともどもクソ暑苦しくて
幻滅…なんかする訳なく、むしろイメージ通りで笑った。
漫画家はこれくらいキャラ立ってて狂ってる方が、良い
作品描いてくれそう。あと、ガンダムに思い入れないから
知らなかったけど、安彦良和先生はガチで神様扱いなのね。
でも一見優しくて人当たりいい方ほど、濃ゆい過去を背負って
おられることが多いから、素直に手を合わせとこうと思った。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1179-b2a9c132