c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

hakutaka2.jpg

この店こそ久しぶりなんてものじゃなく、前回から
実に6年ぶりの再訪。なぜ今になって思い立ったか
というと、映画007新作の記事を書く参考にと思って
以前書いた007前々作の記事を探してたら、ほぼ
同時期に伺っていたこちらの店の感想を見つけて
無性に行きたくなったからです。我ながら意味不明。
お店は、外構も店内の造りも以前とほぼ変わりは
なかったものの、店内の雰囲気がガラリと変化。
しっとり落ち着いていたのが、今はいい感じに活気
あふれたものに。もちろん、繁忙期と閑散期によって
雰囲気が変わってる可能性もあるけど、お店の方の
人数が増えていたのが要因の一つのような気もする。
大将以外に若めの男性二人が厨房に立って、その日の
おすすめ料理をどんどん教えてくれるので、ほとんど
メニューを見ることなく、次々と頼めました。

まずはお正月ということで、御神酒代わりに「白鷹」の
伊勢神宮御料酒を注いでいただく。柔らかく飲みやすい
お酒。先付に出されたミミイカの煮付けとも好相性。
その後はヱビスを頼み、料理はナマコから。このわたを
その上にのせることもできますよと言われたので、
ためらいなく即注文。こりこりのナマコに、まろやかな
このわたはベストマッチングだが、どう考えても日本酒
向けなので、ビールが空くまではひとまず放置して
お造りを3種ほど盛り合わせてもらう。鯛とヒラメに
水イカ。くにくにの歯応えの鯛も、ねっとりした水イカも
爽やかな甘さが広がって美味しかったが、何よりヒラメ。
大ぶり&肉厚にさばかれた身は、もっちりふるふるしてて
口の中で踊ってる感覚。ちょっと今まで食べたことのない
味わいでしたね。ここでテンション上がってすぐビール
空けたので、熱燗へ移行。熱燗も「白鷹」です。

このわた&ナマコをちょこちょこつまみつつ、続いては
じゃがいものクリーム煮。身がしっかりした安芸津の
じゃがいもに、ほんのり上品な甘さのクリームソースが
絡んでシンプルながら、いい塩梅。これは白ワインとかにも
合いそう。そして焼物からは、鰆の味噌漬け焼きを。皮は
香ばしく、脂がのった身はジューシー。どんなお店であろうと
焼き魚食べちゃうとごはんがほしくなってしまう性なので
最後におむすび追加。5~6種類ある具材のうち、明太子と
鯛味噌を選択。握ってもらってる間、なぜか蟹の内子まで
出していただく。あやうく、お酒もう一合頼みかける旨さ。
で、肝心のおむすびは、手作り感満載のふんわり柔らかい
仕上がりで、身も心もあたたまる。一緒に頼んでおいた
白味噌仕立てのお椀も、かぶや金時人参、里芋、椎茸、
猪肉と色とりどり&具だくさんで、目にも美しい。
お正月らしい華やかさが感じられて、得した気持ちに。

数年ぶりの訪問でしたが、今まで再訪しなかったのを
悔やむくらい、どの料理も美味しく、居心地もよかった。
また、お店の方も勧め上手で、気軽に相談しながら料理を
決めていけるのも楽しかった。あらためて、自分が若い頃
思い描いていた大人の飲み屋さんの理想像に近い店だと
実感。次は、あまり間を置かずに訪れたいです。

■白鷹/広島市中区流川町1-6[17:00~24:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1166-7866792a