c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

前回の福岡飲み屋巡りで、行こうと思ってたのに
行けなかったお店、気になってたお店を何軒か
回ってきました。そして分かったこと。福岡も
行きたい店が多すぎて、とても1日や2日では
回り切れないという単純な事実。また来ればいいか。

yorozu1201.jpg

『万』
本屋で見つけた『ソワニエ』という福岡のタウン
グルメ誌に大きく載っていた日本茶&日本酒の店。
お茶を煎れる銅製の炉が店の中央にあり、それを
囲むようにカウンターが配置。メニューを見ると
お茶は玉露を筆頭に、煎茶や番茶、お酒は日本酒から
ビールに焼酎、ワイン、シャンパンまでひと通り
揃っている。その中から、まずは日本酒をお願いする。
yorozu1202.jpg

飛露喜はじめ何種類か見せてもらったけど、せっかく
なので、福岡のお酒にしてみる。久留米の「旭菊」。
ぬる燗で頼むと、利き猪口になみなみと注いで登場。
普通に一合分くらいあるね、これ。そんなにクセはなく
柔らかいお酒。つき出しに、あられも出てたんだけど
つまみとして、ばくらいも追加で注文。ちっちゃくて
かわいらしいお椀に入っており、ちょこちょこつまみつつ
ゆったり過ごす。あと、お茶も気になったので、煎茶の
中から深蒸煎茶を。これがまた濃厚で、香りが強い。
これに合わせるのは、木箱に美しく飾られた和菓子。
5個くらい並んでたうち、いちご大福にしました。
甘みと酸味がほどよく、お茶にぴったり。お茶はその後
二煎、三煎と続き、どんどんさっぱりしていくような
苦くなっていくような。でも、身体はあたたまったので
そのまま帰途に。不思議な雰囲気の楽しいお店でした。

■万/福岡市中央区赤坂2-3-32[15:00~深夜]

yumekichi12.jpg

『ユメキチワイン』
川沿いにひっそり佇むワインバー。
前回せっかく『空蝉』のマスターに教えてもらったのに
たどり着けなかったので、今回は万難を排して伺いました。
お店に入ったら、店員さんが着物姿だったので、ちょっと
どきどき。広島にも、そういうお店あるけどね。着物は
正義なのです。とりあえず、おまかせおつまみセットを
頼んで、あとはワイン。ビオ中心らしく、黒板にある中から
適当に白を2杯ほど頼んでみたところ、すっきりしてて
悪くないけどあまりピンとこなかったので、お店の方に
今度は赤のお薦めを頼んだら黒板に載ってないマルセル・
ラピエールが。これは結構好みの味で美味しかった。
おつまみセットは、赤こんにゃくにスモークチーズ、
ピクルス、テリーヌ。ワインに合わせてか、こちらも
シンプルな味付け。と思ったら、追加で頼んだリエットは
ジューシーでオイリーで濃厚。これ好きです。雰囲気が
いい店なので、夏の始めに夕涼みがてら再訪したいなあ。

■ユメキチワイン/福岡市中央区渡辺通5-2-15[18:00~26:00]

hisaokaya12.jpg

『久岡家』
春吉にある居酒屋さん。
元々はそこそこ大きなお店だったそうですが、移転後の
今はこぢんまりとした落ち着いた趣に。前から気になってた
『野一色』という店の修業元というのは知ってたけど
上記の『ソワニエ』によると日本酒で有名な『酒峰』も
こちら出身と知って俄然気になり、二軒目に行ってみた。
二軒目なので日本酒スタート。メニューに福岡のお酒が
あったので、当然注文。「隠渓」と書いて「かくれたに」。
実はこのお店のオリジナルとか。柔らかくて綺麗系のお酒。
お腹は満たされてたので、おでんから芽キャベツと椎茸、
あと生クジラのお刺身だけ頼む。椎茸はかなり肉厚で
どんこっぽい。黒く輝く生クジラは名物の一つらしく
しっとりした身を口に入れると、上品な甘みの向こうに
野性味がちらちら見え隠れ。クジラの刺身できっちり
美味しいのは久しぶりかも。薬味は定番の生姜以外に
青唐辛子もあり、ちょこっと付けると結構な辛さ。これで
味を変えたりしてたら、2~3人前は軽く平らげられそう。
最後は、ハマグリのお吸物でほっと一息ついて締め。
一人でも気軽に寄れる、いいお店でした。続けて三軒目に
野一色か酒峰に行ってみようと思ったら、どちらも
日曜定休で断念。でもいつか機会があれば、4軒あるという
こちら出身のお店を巡ってみるのも楽しそう。

■隠・台所 久岡家/福岡市中央区春吉2-6-8-2F[15:00~24:00]

yamachan12.jpg

『やまちゃん』
博多っぽいところということで、連れて行ってもらった店。
最初、ラーメン屋かあと思ってたら、がっつり居酒屋さん
でした。まずは胡麻サバならぬ胡麻ブリに、鰹のたたき、
そして焼鳥は豚バラ。居酒屋というか学食みたいな雰囲気の
店なのに、ちゃんとしたお刺身で幸先良し。でも何はともあれ
バラな訳ですよ。焼鳥なのに豚って変じゃない、とか言う人は
帰ってください。福岡で青春時代を過ごした人間にとって
焼鳥はバラでありズリであり、皮なんだよ!(机叩く)
ねぎまとか見たこともなかったわ。下に敷かれたキャベツが
少なめだったのが唯一の不満ですが、懐かしかったから許す。
他にも地鶏たたきとか、ヤリイカの炒めたやつとか食べて
最後はちゃんとラーメンで締めたよ。やっぱり人と行くなら
こういう店でくだを巻くべきよね。なんか昔を思い出して朝まで
飲んでやろうかと思ったけど、身体が拒否するので諦めた。

■やまちゃん福岡天神店/福岡市中央区舞鶴1-4-31[18:00~28:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1154-6f268c4f