c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

ssmorita12.jpg

福岡では、一日だけ自由に動ける日があったので
思いきって小倉まで出かけてみた。博多駅から在来線で
片道1時間ちょっと。初めて足を踏み入れた小倉の
飲み屋街はさすが本場だけあって、角打ちの店が
あちこちに。でもそちらには目もくれずお鮨屋突入です。
2階にあるお店に入ると、つけ場内には大将をはじめ
男性三人、あと給仕の女性が何人かおられて、いい感じに
活気がある。最初、広島でいうと『おゝ井』っぽい雰囲気
と思ったけど、もうちょっと家庭的かな。そんな明るい
空気感の中、まずはビール。キリン、アサヒ、ヱビスと
揃ってたので、ヱビスを。お通しは、焼き銀杏。そして
お造りは、たいらぎの炙りと雲丹から。素材の味をそのまま
楽しめるよう、味付けはシンプル。ほどよい甘さの雲丹は
日本酒飲みたくなるが、前日に深酒してたのでしばし我慢。
続けて、ひらめ、シャコ、細魚の昆布締め、タコの柔らか煮。
ひらめは大葉を挟んであり、爽やかな旨さ。シャコは個人的に
春のイメージがあるけど、今の時期も身が締まってて良いね。
この後は、ほっき貝(さくさくで旨し)も追加してから握りへ。

まずはヒラマサから開始。脂のノリが濃すぎず、ほどよくて
美味。そして、鰹、フグ、鰆、雲丹、海老。鈍く輝く鰹は
生姜をのせさっぱりと、こりこりのフグも柑橘系でふわっと
香りづけ。あと上品なコクのある鰆がやっぱり良かったなあ。
海老は身だけでなく、頭は炙って出してくれた。で、後半は
丁寧な細工が施されたイカに、ナマコ、白子、穴子、アワビ。
このイカはこちらの代表的なネタの一つで、見た目だけでなく
口に入れて噛むたびに味わいが変わり、目でも口でも楽しめる。
ナマコのお鮨は初めてでしたが、一瞬とろけそうと思って
噛み締めたらコリコリするという不思議食感。一転、
あったかい白子は、甘みという余韻だけ残して一瞬でとけて
消えてしまう。これは追加したかったかも。でも実際に
追加したのは、アジと白身。実は光り物が欲しくて、最初
鯖と言おうとしたのに、つい勢いでアジと言っちゃった訳
ですが、十分美味しかったです。白身はカワハギでしたが
肝醤油がかかっており、絶妙な濃厚さ。この日食べた中でも
トップクラスに好き。最後は、芽ネギの握りと、素朴な
米沢のたくあん、デザートに冬柿を出していただいて終了。

お鮨は、全体的にネタは大ぶり&シャリは柔らかめで、
なんとなく、大将の柔和な雰囲気に合ってる気がした。
有名店ということで、全国からお客さんが訪れていますが
むしろ地元に愛され、地元に密着したお店という印象。
よそ者ながら、このあたたかい雰囲気と大将の笑顔が長く
続いてほしいと願いつつ、博多へと戻りました。

■寿司 もり田/福岡県北九州市小倉北区魚町2-5-17-2F
 [11:30~15:00、16:30~19:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1153-750ba1ab