c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

seranodaichi.jpg

ボージョレ・ヌーボーが出回る季節。
ワインバーとかじゃなく、和食と合わせて飲みたいなと
思ってお店を探している時、和食っぽい店名で、店先に
ボージョレありますと書いてあったので入ってみた。
そしたら、和食じゃなくて普通に洋食屋さんでしたよ。
店内はカウンターに8席と、奥にテーブル席があるっぽい。
とりあえずビール頼んでみたものの、どういう系統のお店か
よく分かってなかったので、コース料理にしてみた。まず
旬のつき出しは帆立の山椒煮。薄く切ったキュウリに包まれ
上には昆布が。一口でいただくと、山椒と昆布の香りが
口内に広がって旨い。続くオードブルの盛り合わせは、
世羅みのり牛ランプ肉のたたき、鴨のスモーク、
サーモンとスジガツオの手鞠寿司、特製ピクルス。
ランプ肉のたたきは、甘みと旨みが凝縮しているが
さっぱりした後味。鴨スモークは野性味あるハムという
感じ。手鞠寿司は結構大ぶりで、一口で一気に食べると
もごもごしてしまう(笑)。サーモンにはイクラ、
スジガツオにはキャビアがのってて、よいアクセント。

ビールの後は、世羅ワイン白(ハニービーナス)、
ボージョレ、世羅ワイン赤(VINTAGE2010)と
ワイン尽くしで進み、料理は季節のスープ&サラダへ。
スープは、南瓜と人参をベースにブロッコリーも入った
緑黄色野菜のスープ・カプチーノ風。カプチーノっぽく
泡立ったスープは、野菜が持っている自然で優しくて
穏やかな甘みが喉をすーっと通り抜けていく仕上がり。
サラダは、紅芯大根をはじめ黒大根、渦巻きビーツ、
フルーツパプリカなど盛りだくさん。ドレッシングは
4種類あるので、人参と生姜ベースを選択。野菜はどれも
パリパリさくさくの食感だけど、さっぱり紅芯大根に
辛味ある黒大根、野菜らしい風味濃厚なビーツとそれぞれ
異なった味わい。そしてメインには、世羅みのり牛の
ステーキ登場。サーロインとヒレから選べたので、ヒレを。
分厚くてジューシーなお肉を、藻塩やオニオン塩など
3種類の塩と葉わさびソース、ガーリックチップで自分の
好みに合わせて味付け。でも、薬味はあまり付けずに
そのままで十分美味しい。一緒に添えられた焼き野菜含め
ボリュームあって、お腹いっぱいになれますが、ここで
さらにごはんと味噌汁、香の物も。世羅産のコシヒカリを
炊いたごはんはしっとりしてて、噛めば噛むほど甘くなる。

最後の締めは、デザート盛り合わせと、ふじの葉茶。
いちご&ビーツを使った淡いピンク色のアイスに、
ごぼうを使ったガトーショコラ、洋梨の盛り合わせ。
デザートにも野菜を組み込んでいるのが特徴。おかげで
普通のデザートより甘さ控えめで、独特の風味が味わえる。
お店全体の印象も、随所で地元野菜へのこだわりと愛情が
感じられました。次はアラカルトで気軽に楽しんでみたいな。

■世羅の大地/広島市中区流川町2-24[11:30~13:30、18:00~21:30]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1146-3594e6a4