c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

kinchan12.jpg

相変わらずお好み焼きは、数人で鉄板焼き屋さんに行って
締めに食べるくらいですが、冬が近づく頃になると
鉄板そばの熱を求めて、たまに一人で食べに行くことも。
真冬になっちゃうと、なぜか逆に足は遠のくんですけど。
最近行って良かったのは、広島駅西隣の一角にある老舗の
有名店『金ちゃん』。線路のすぐそばに面しており、窓から
電車が走る様子が間近で見られる好立地。注文は、王道の
そばS肉玉とビール。瓶ビールはセルフで、冷蔵庫から自分で
取り出す仕様です。肝心のお好み焼きは、出来立ての状態だと
麺のつるつる感が残ってて、さらに甘みのあるキャベツ、
コクのあるソースが絡み合いジューシー。食べていくうちに
鉄板で熱せられて、後半は香ばしさも味わえる。ちなみに
一味とガーリックパウダーも各自好きなだけかけられます。

で、ガーリックパウダーといえば、同じ駅西の『大福』。
こちらは鉄の重石を載せて仕上げる圧縮タイプ。仕上げに
一味とガーリックパウダー、青のり、胡椒を選んでかけて
もらえますが、結構たっぷりな量なので、やや注意。
個人的には、胡椒以外全載せで頼むけど。圧縮された
お好み焼きはさっくりしてて切り分けやすく、今まで
食べた中で一番コテで食べやすい(広島ではヘラだっけ)。
新しめのお店だと、光町の『Masaru』。横川というか
楠木町の『Lopez』で修業したということで、トッピングに
ハラペーニョもアリ。ハラペーニョは思ったほど辛くなく
むしろ、お好み焼き全体の甘みを引き立てる感じです。

最後の一軒は、初めて広島市内に住み始めた頃ちょこちょこ
通ってた『寿』。おばちゃんが一人で営業してる典型的な
地元密着型のお店。ここのお好み焼きは、ふんわりめの
仕上がりで、そばと具材のバランスも程よく、自分にとっての
オーソドックススタイル。ただその仕上がりゆえ、崩さずに
コテで上手く食べるのがちょっと難しい。こういう店で
綺麗に食べて、さくっと帰れるようになりたいなあ。

■金ちゃん/広島市南区大須賀町10-7[11:00~20:00]
■大福/広島市南区大須賀町12-7[11:00~14:30、17:30~23:00]
■Masaru/広島市東区光町2-14-24[11:30~14:00、17:30~23:00]
■寿/広島市東区尾長西1-4-11[11:00~19:00]

daifuku12.jpg

masaru12.jpg

kotobuki12.jpg












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1145-cf9594a7