c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

adtudumi.jpg

映画終わりに行ってきた和食屋さん。店の前に
置かれたメニューが魚だらけだったので入ってみた。
じぞう通りと平和大通りが交差する位置で営業中。
外観から受ける印象と違って、店内は広々。
カウンターの他に、奥には座敷席もある模様。各席にも
メニュー表はあるが、日替わりのメインメニューは
壁に設置してある巨大ホワイトボードに表記。
その中から、茄子のたいたんとお造り盛り合わせを。
茄子はやや濃いめの味付けなので、ビールが進む。
お造りは、アジ、赤貝、タコ、鯛、鱧の湯引き。爽やかな
甘み香るアジと、コリコリの赤貝が特に旨かった。
続いて、鯨ステーキ。鯨料理は他に、ベーコンやカツ、
竜田揚げもアリ。肉厚にさばかれたステーキはこれまた
濃いめで、生姜の香りが漂う。焼酎にするか迷ったけど
日本酒の方が前面に押されてたので、冷酒に。一杯目は
店名と同じ「つづみ」。白鴻の銘柄のようですが、味は
昔の日本酒っぽい。あとは大七、國権、あさ開、一耕、
刈穂といった東北の銘酒に加え、八海山、立山、酔鯨など。
二杯目は「國権」。そういえば、最近別の店で國権&田酒
TWINSの飲み比べしたけど、あれも美味しかったなあ。

再びメニュー見ると、わたり蟹やオコゼ、キンキ、メバル、
のどぐろなどが並んでいたが、量が多そうだったので
鮎の塩焼きと、カツオのたたきを追加。鮎は2尾で、身は
しっとり芳しく、肝はしっかり苦くて旨い。野菜がたくさん
のったカツオは、さっぱり食べられるので、最後の方に
頼んで正解。そして締めにお鮨とお吸物。お鮨はいわゆる
松竹梅のセットがあるが、お好みでトリ貝、シメサバ、鯛、
シャコの4貫を。ネタは大ぶりだが、さくさく食べられる。
鱧の入ったお吸物も、ほっとできる優しい味わい。

基本は魚中心の和食ですが、コロッケとかトンカツとか
地鶏の塩焼きといった居酒屋っぽいメニューも並んでるので
数人で気軽に普段使いできるようなお店だと感じました。

■味処つづみ/広島市中区小町1-3[17:30~24:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1116-684ab649