c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

khbtano.jpg

お盆に少しお休みができたんだけど、諸事情でフェスには
行けないし、旅に出ようと思っても、暑いしお金ないしで
結局、近場の呉に再訪。『オオムラ亜』でビール飲んだ後
前回満席で入れなかったお店に、今度はちゃんと予約して訪問。
お店は全体的に家庭的な雰囲気。厨房を囲むカウンターは
10席前後。奥には、お座敷の個室もあるみたい。料理は
コースのみなので、ビール頼んでしばし待機。一品目は
オレンジ色でまとめられた、パプリカのムース。淡く優しい
味&食感のムースに、トマトソースで酸味を付け加え、
上にのったサザエがほどよいアクセント。続く二品目は
タコと海老の冷製スパゲッティ。カペッリーニかなとも
思ったけど、そこまで細くはないのか。トマトやクルミも
散らしてあって、さっぱりいただける。ここでお酒チェンジ。
日本酒や焼酎も少しあるものの、やはり基本はワイン。
ボトルは赤白それぞれ三種ずつ、ハウスワインは一種ずつ。
ボトル1本空けるほどの元気はないので、ハウスワインの
白(マコン・ヴィラージュ)をデキャンタでお願いしました。

三品目は和風に寄って、冬瓜の干し海老あんかけ。
柔らかく煮かれた冬瓜がほくほくで、ほっとする味わい。
そして、フォアグラとチキンのグリル。フォアグラやチキン、
ピーマン、お餅などが重なっており、チキンは表面の皮が
パリパリ、身はしっとりで旨い。一番下に敷かれたお餅は
甘辛いソースと食べると、ちょっとみたらしっぽいテイスト。
続く鯛の昆布締めは、胡麻ソースと海苔をかけて。一口
食べると胡麻のまったりした風味が広がるけど、その後
微かな昆布の余韻が残る。ここからさらに、南瓜スープ、
連子鯛のポワレ、一口ステーキと続く。南瓜スープは
スープというより、冷製茶碗蒸し風で、スプーンで掬って
いただく。南瓜のほのかな甘みがちょうどいい。連子鯛の
ポワレはバルサミコソースで。香ばしく、さくさくした身を
添えつけの野菜(ラタトゥイユ?)と一緒に食べると
口内で複雑な旨みが広がって美味しい。最後のステーキは
ごはんかパンを選べるので、ごはんとともに。小さめだが
ジューシーなステーキは、当然のようにごはんと相性よく
至福。締めのデザートには、自家製プリンとコーヒー。

店内は気軽な雰囲気ながら、料理はきっちり丁寧で多彩、
和洋が絶妙なバランスで組み合わされた印象。あと、
とにかく値段が安い(料理だけなら、3500円くらい)。
近くにあったら、確実に通いたくなるようなお店でした。

■小春橋 田野/呉市中通2-2-6[17:30~21:30]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1114-ab778cce