c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

konosora.jpg

大林宣彦監督作品。
尾道では6月と、さすがに早い時期に上映されてたけど
広島市内は最近ようやく上映が始まったところで、しかも
10時半の回しかないため、休みに早起きして行ってきた。
副題に『長岡花火物語』とあるように、新潟県長岡市を
舞台とし、長岡花火をハブに東日本大震災から中越地震、
長岡空襲、真珠湾攻撃、広島・長崎の原爆、福島原発
といった事象を時空間に囚われず、全部ぶち込んで
混沌となった鍋から光明を引き上げるような作品。…って、
言葉で説明すればするほど、本質から遠ざかる気がしますが
決して難解という訳ではなく、むしろエンターテインメント
作品としてきっちり仕上げられていると思った。ただ、
監督の想いとか情熱、アイデア、そして愛といったものが
過剰に溢れまくってて、2時間40分という長尺にも関わらず
そこに収まりきらないものが、はみ出したまま上映されてる感じ。
監督は限られた上映時間の中に、無限の時間を詰め込もうと
したのかなあ。見終わった頃には、心身ともにぐったりする
くらい疲れますが(笑)、監督の脳を直接スクリーンで
覗いているような、稀有な体験ができる作品です。あと、一見
奇異なのに、切ない感情を呼び起こす一輪車が印象的だった。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1113-181360d2