c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

tsuruma1.jpg

大手町のビル街の一角にある日本料理屋さん。
外から見ると黒い壁に覆われてて、ちょっと気後れする
雰囲気あるけど、一歩中に入ってみると意外な開放感。
カウンターに6席、テーブルが4卓ほどの店内は、明るく
広々とした空間。今回はコースでお願いしたので
まずは生ビールを。前菜は四種盛り。鮎鮨と車海老、
するめいかの塩辛、ゆでレタス、マスカルポーネチーズ。
鮎鮨はお酢控えめで、さっぱり。車海老は肉厚でぷりぷり。
塩辛は絶妙なまったり感で、初っ端から日本酒ほしくなる。
マスカルポーネは醤油?割り下?がかかってて、甘みがより
引き立つ。こういう上品な料理をちょこちょこ食べてると
なぜかどんどん食欲が増してくる。続くお椀は、ぼたん鱧。
じゅんさいや白きくらげ、そして早松茸とともに。早松茸は
小ぶりだけど、香りがいいね。鱧は柔らかくふっくら仕上げ。
優しくて、ほっとできるお椀でした。ここで日本酒へ。獺祭の
三種セット(磨き五割、三割九分、二割三分)があったので
頼んでみる。さすがにここまで磨くと、どれも超スッキリ&
華やかで、すーっと飲めてしまう。暑い夏におすすめ。

お酒片手にお造りは、真鯛、カンパチ、ヨコワマグロ。
すべて大ぶりで肉厚にさばいてあり、もっちもち。特に
真鯛は爽やかな甘さが口内に広がって旨い。焚き合わせは
素揚げしたいとより鯛と米茄子、里芋、インゲン。
いとより鯛の身はしっとりしており、ほくほく。野菜も
しっかり身が締まってておいしい。さらに焼物は、スズキ、
皇牛のイチボ炙り、とうもろこしとチーズのかき揚げ。
このスズキがまた、ふっくらした身にジューシーな旨みが
ぎゅうっとつまってる。たまらずお酒追加。久保田の洗心。
イチボは、シンプルな味付けで素材の良さを生かしてある。
あと、かき揚げは、もちしゃくっとした不思議な食感。
酒のつまみに、ずっと食べてたい感じ。で、料理の最後は
水茄子と帆立の梅ジュレかけ。ズッキーニも入ってたかな。
ほどよくお腹いっぱいになってたので、締めはさっぱり
いただけて良かった。と思ったら、本当の締めにちゃんと
釜で炊いたごはんも出てきました。お米は甲奴産。ぴかぴか
つやつやしたごはんで、ふんわり軽い食後感。これは何杯でも
食べられそうですが、身体のこと考えて2杯で終了。でも
追加でデザートはきっちりお願いしました。夏に似合う
わらび餅と、卵プリン。卵の殻に入ったプリンは口当たり
なめらかで繊細。最後の最後まで、満足感高いコース。

料理はどれも季節の素材を使った、王道の日本料理を
基本としつつ、さりげなく遊び心をしのばせてある。
値段もあまり高すぎないので、季節が変わるたびに
旬を味わいに訪れたくなるようなお店でした。

■つるま/広島市中区大手町2-11-25[11:30~15:00、18:00~22:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1106-664c5fd3