c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

sigotonin1.jpg

広島駅前の東横イン向かい、立体駐車場の2階という
不思議なロケーションに今月オープンしたお店。
まるびや』の元大将が店主で、店名は大将の名前が
由来の模様。で、まるびやは串カツを担当されてた方が
店主となって、引き続き営業されているようです。
sigotonin2.jpg

店内はカウンターが8席と、奥にテーブル席。
まずは生ビールとお造り盛り合わせ。ビールは
ハートランドでした。付きだしはタコとほうれん草に
タルタルソースをかけて焼き入れたもの。香ばしくて
ビールと好相性。お造りは、10種近くある中から
5種ほど見繕ってもらう。しめ鯖、タコ、サワラ、
すじかつお、天然鯛の湯引き。サワラとすじかつおは
脂がのってて、ねっとりとろとろした食感で旨し。
あと、ちょうどよい締まり具合のしめ鯖がたまらない。
即、ビールから日本酒へ。秋田の「刈穂」。

続いて、姫さざえと白子茶碗蒸し。姫さざえは味が
沁みてて良いね。茶碗蒸しは、熱くて甘辛いあんが
かかっており、ほふほふ言いながら食べ進めていくと
上品な甘さの白子がころころ出てくる。うめえ。
「刈穂」から「宝剣」に移り、串天と焼き椎茸、
くじらの竜田揚げも追加。串天は、牡蠣と小いわし、
ミョウガを選択。牡蠣は小ぶりながら、ミルキーさが
口に広がる。大葉に包まれた小いわしは、表面さくさく
中身しっとりで美味。ミョウガもしゃっきしゃきの
歯応えで心地いい。量は少なめなので、何本でも
食べられそう。くじらの竜田揚げは、どちらかと言うと
素揚げっぽくて、肉のジューシーな旨みがダイレクトに
伝わってくる。これは焼酎ほしくなるなあ。そして
最後に、本日の茶漬け。この日は鯛の漬け茶漬けでした。
ほどよい厚さの鯛がふるふるしてて、ごはんと一緒に
かきこんで食べる。締めにぴったりのあっさりした味わい。

まだオープンしたてとはいえ、大将がもともと人気店を
経営されていたからか、既に安定感のある雰囲気でした。
それゆえ、お客さんも常にいっぱいで、まず店に入るのが
大変ですが、隙を見てちょくちょく訪れたいと思った。

■包丁一閃 仕事人/広島市南区的場町1-5-1-2F[17:00~25:00]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1039-61fe8360