c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

tajima1201.jpg

東雲の和食屋さん。
以前から名前は聞いてたものの、東雲の住宅街という
かなり行きにくい立地だったため、長らくスルー。
が、『旬遊』最新号の特集に載ってるのを見ると
すごく魅力的だったので、即バスに乗り込んでGO。
お店は、本当に普通の住宅街の中にぽつんと佇む。
中に入ると、カウンターが11席ほど&お座敷席。
まずは生ビールとお造り盛り合わせ。生はキリンの
ブラウマイスター。お造りは、シマアジ、鯛、タコ、
本マグロ、しめ鯖。シマアジも鯛も、こりこりした
食感で、じんわり甘くて旨し。しめ鯖は舌にからみつく
旨さ。続いて、ホタルイカの沖漬けと、やわらか
カニの丸揚げ。ホタルイカは、上品なねっとり感。
ここでビールから冷酒へ。佐賀の「七田」。すっきり
飲みやすいお酒でした。カニは、脱皮したてのものを
丸ごと揚げてあり、全体的にふにふにした歯応えで
脚の先から甲羅まで、全部そのまま食べられる。
甲羅部にはもちろん味噌も入ってて、まったり美味。
甘辛いチリソースも、揚物にぴったりでした。

冷酒の後は焼酎に切り替え、トラふぐ黒七味焼きと
白子ポン酢追加。トラふぐは、むちむちした身が
痺れるような辛さで味付けされてて、お酒が進む。
白子もとろとろふるふるで、美味しい。さらに
最後は、海鮮と野菜の気まぐれバター焼きと、
白身のゴマ茶漬けで締め。バター焼きは、タコや
イカ、蓮根、ヤングコーン、さやいんげんが
ニンニクと絶妙にからみ合っており、量も
ほどよかったので、あっという間に食べ尽くす。
ゴマ茶漬けは鯛がたっぷり入ってて、ごはんとともに
さらさら飲み込むようにいただける。寒い夜には
身も心もほっこりできるあたたかさ。立地は
街なかから外れてて、なかなか伺いにくいですが
それでもたまにふらっと寄りたいと思えるお店でした。

■和ごころ 田じま/広島市南区東雲3-3-1[18:00~22:30]

私も『旬遊』購読しています。
たしかに魅力的な記事でしたが、
kuroさんのフットワークの軽さには
恐れ入ります。
蕎麦きり吟も、行きたいと思いつつ
時が過ぎるばかりです。。

2012.01.25 10:33 URL | すみれ #- [ 編集 ]

今号は特に良い特集でしたね。
フットワークは普段、全然軽くないんですが
飲み屋さんに関しては、どうしても身体が
勝手に動いてしまうんです(笑)。

2012.01.25 17:07 URL | kuro #RS4k0RpE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1038-3bb956f6