c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

kitaoka1112.jpg

一年ぶりに『喜多丘』へ行ってきた。
前回は秋だったので、今回は冬の献立を楽しみたいなと思い
伺ってみると、秋の名残と冬の走りが混じり合う構成でした。
まずはがっつり猪の朴葉焼きから開始。器の中に熱源があるのか
葉の上でじゅーじゅー言ってる猪肉を白ねぎ&ピスタチオとともに。
ワイルドというよりは、むしろ上品な甘さがあったかな。続いて
小ぶりの麦とろごはんと、御椀。麦飯の粒が大きくて、食感がいい。
御椀は、かにしんじょ。焼いた舞茸や柚子豆腐も入ってて、香りよく
じわーっとお腹に染み渡る。お造りはカレイ、マグロ、トリ貝、鯛。
どれも肉厚で、もちもちしてて旨い。トリ貝はぷるぷるしてた。

そして、いよいよ八寸。秋の深まりを感じさせる黒い器に
からすみ大根、鯛のきずし、くわいの素揚げ、貝の照り焼き、
あわびの肝和え、塩辛、鮭の蕪巻き、牡蠣とおからの海苔巻き、
栗チップス、そば味噌、黄身の味噌漬け、銀杏、チシャトウ、
あんきも豆腐、黄身寿司の干し柿巻き…。丁寧な細工が施され
目にも口にも楽しい。特に、ほっくほくのくわい、歯応え
こりこりで、まったりした癖になる味わいのあわび肝和えが
美味しかった。銀杏の塩加減も絶妙。この後は焼物で、
鯛と本もろこの塩焼き、辛子蓮根のフライ、黄粉をまぶした
網笠柚子、松前漬け。もろこは大好きだけど、京都以外で
食べられると思ってなかったので、密かにテンションアップ。
口に入れた瞬間の、しっとりした香ばしさがたまらない。
丸ごと揚げた辛子蓮根もさっくりしており、意外なほど旨い。

最後の締めは、蕪と海老芋のかにあんかけ、豆腐と揚げの
味噌汁、ごはん、大量の香物。海老芋には、けしの実を
まぶして揚げてあり、カリカリした表面を齧っていくと
むちとろっとした海老芋がとろけてきて、身も心も
ふわふわした心地に。あんにからんだ蕪も良いし、やっぱ
冬は根菜だなあと実感。ごはんは上品にちょこっと
よそってもらえるので、白菜や胡瓜などがうず高く盛られた
香物や鯛そぼろと一緒にかき込み、気づけば3杯おかわり。
そして水菓子の梅酒ゼリーには、西条柿、ラ・フランス、
栗、黒豆がごろごろ入ってて、ここで心底満腹に。
一年ぶりでしたが、丁寧で繊細で季節にもこだわった
日本料理王道のお店だなあと、あらためて思いました。

■日本料理 喜多丘/広島市東区牛田本町3-2-20-B1F[17:00~22:00]

文章だけでお料理の詳細が鮮やかに伝わってきます。
いつも感心しています。

2011.12.05 11:11 URL | すみれ #- [ 編集 ]

ありがとございます♪
お店のおかげの気がします。

2011.12.05 22:00 URL | kuro #RS4k0RpE [ 編集 ]

はじめまして。
いろいろお店を検索していたら、こちらにヒットしました。
お料理に対する感想が丁寧で、とても読みやすいです。お店を探すときの参考にさせていただきます。

2011.12.08 11:40 URL | ひろみ #- [ 編集 ]

はじめまして。
役に立つか分からないですけど
気軽に見て行ってください。

2011.12.09 09:41 URL | kuro #RS4k0RpE [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://crosscore.blog68.fc2.com/tb.php/1014-2357978e