c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

Archive2018年12月 1/1

2018年度“私的”LIVEベスト10

気づけば、今年はここ数年で一番参加公演が少ない年になってしまった。諸々の都合で、ceroやNulbarich、レキシのライブに行けなかったのが痛い。あと何気に、広島をスルーして、岡山に行っちゃうバンドが増えたのも気になる…。1位:Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」通算7作目となるオリジナルアルバム『Future Pop』を引っ提げて行われた、Perfumeの全国アリーナツアー。2015年の『LIVE 3:5:6:9』でライブパフォーマンスと...

  •  0
  •  0

“私的”飲み屋ベスト10@旅先編【2017-2018】

年末に岡山、福岡と飲み歩いたので、意外と訪問軒数が増えた、この2年分。寒くなると遠出したくなるのは暑さが苦手だからか、酒と魚が美味しくなるからか。1位:鮨さかい[福岡]昨年、西中洲に移転されたお鮨屋さん。以前のこぢんまりとした密やかな雰囲気からは一変大勢のお弟子さんとともに来客をもてなし、料理を組み立てていく劇場型のお店に。お鮨屋さんとはいえ素材を厳選した酒肴が続く流れは質、量ともに圧巻。一方、繊細...

  •  0
  •  0

寺田屋

福岡二日目の夜に伺った居酒屋さん。居酒屋探訪家・太田和彦さんがお薦めする福岡の名居酒屋のうち、『さきと』は予約取るのが難しかったので、もう一軒のこちらへ向かってみた。...

  •  0
  •  0

菊鮨

福岡二日目のお昼に伺ったお鮨屋さん。博多駅から5つ目の大野城駅を降り、静かな住宅街を通り抜けて向かうロケーションは、どことなく鳴門の『すし勝』を思い起こす。たどり着いた店の前には鏡面仕上げの大きな看板がそびえ立っていました。...

  •  0
  •  0

鮨さかい 【再訪】

福岡初日の夜に伺ったお鮨屋さん。4年前に一度伺った時は、赤坂の住宅街の中に佇むこぢんまりとしたお店でしたが、現在は西中洲の隠れ家マンションのようなビルの2階に移転されています。...

  •  0
  •  0

福岡はしご酒 【日曜疾走編】

福岡といえば夜の街。夜の街といえばはしご酒。ということで、今回も何軒か回ってきました。日曜を挟むので、営業してるお店少ないかもと思って取り出したのが、夏頃に福岡特集を組んでた某雑誌。この中から日曜営業のお店を見繕って、次々入ってみた。『クリンチ』個人的に、福岡のはしご酒スポットと思っている春吉の一角、見た目は普通のマンションの一室でひそやかに営業している、お酒としゅうまいの店。表札に名刺だけ貼り付...

  •  0
  •  0

福岡すきまごはん

福岡のお昼といえばやはりうどんだろうと、今回も何軒か目星付けてたんだけど、最初に向かった『みやけうどん』が、たどり着いた目の前で閉店するというタイミングの悪さ。まだ15時過ぎだったのに…。日祝休日だから伺うチャンスもなくなり、うどん巡りはやめにして、お昼や空いた時間は思いつきで飛び込むことに。『味の正福』ネット上の知り合いの人が、ちょうどこちらの店に行ってたから、みやけうどんそばの呉服町駅から天神へ...

  •  2
  •  0

Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」@福岡

9月末の大阪公演に続き、Perfume全国アリーナツアー@マリンメッセ福岡に行ってきた。この会場に来るのは「ぐるんぐるん」ツアー以来だから、4年ぶり。最初この福岡公演が、今ツアーの千秋楽だったんだけど横浜の追加公演や、台風で流れた大阪二日目の振替公演が増えたので、普通の日の通常ライブでした…と思ってたら、とても大事な日のライブだったという。...

  •  0
  •  0

2018年度“私的”飲み屋ベスト10@広島

振り返ってみると、今年は例年以上に広島駅周辺に偏って飲み歩いてたような。流川さえも、それほど歩き回ってない気がするので、来年はもうちょっと行動範囲を広げて、あちこち行ってみようかな。1位:吉鮨いろんな意味で、広島で一番有名なお鮨屋さん。これまで、そのハードルの高さから伺うことが叶わなかったけど、このたび明快な定額料金設定に変わったことで、ぐっと伺いやすくなった。実際に訪れてみると、料理としてはシン...

  •  0
  •  0

2018年度“私的”漫画ベスト10

上位の方は固定っぽくなってきてますが、どの作品も終盤に向けて静かに、熱く盛り上がってきているので外すことができなかった。来年には、結末が見られる作品も出てくるのかな。待ち遠しいような寂しいような。1位:清家雪子『月に吠えらんねえ』9巻一冊一冊が重厚かつ濃厚だった月吠も、9巻にしてついに佳境を迎える。遠い、遠い旅路を経てたどり着く先、目指すべき場所は、はじまりの地点、朔と白ふたりの邂逅であった―。近代詩...

  •  0
  •  0

2018年度“私的”映画ベスト10

今年見逃した中で、見とけばよかったなと少し後悔してるのは、『リメンバー・ミー』を筆頭に『ペンギン・ハイウェイ』とか『若おかみは小学生!』、『リズと青い鳥』などなどのアニメーション系。おっさんが見に行くのはどうなんだろうと迷ってるうちに上映終了しちゃったので、来年は勢いでいろいろ見に行こう。1位:ブリグズビー・ベア偽りの両親に騙され、閉鎖的な世界で暮らしていた主人公。ある日突然、その呪縛から解き放た...

  •  0
  •  0

祥雲

岡山二日目の夜に伺った日本料理屋さん。オリエント美術館や岡山県立美術館が立ち並ぶ静かな住宅街の一角に、ひっそりと佇んでいました。...

  •  0
  •  0

來輪 & エスプリ珈琲店

ちょっぴり二日酔い気味の岡山二日目。ゆっくり起きて遅めのお昼は、昨年も一度伺ってお気に入りになった蕎麦屋さん『來輪』へ再訪してみた。...

  •  0
  •  0

ナチュレルモン

岡山でもやっぱり、はしご酒。ということで、『一文』を出た後に向かったのは西川緑道公園沿いで、全面ガラス張りの店構えが目立っていたワインバー。隣接する自然派ワイン専門店『プレヴナン』の直営店だそうです。...

  •  0
  •  0

一文

岡山初日の夜に伺った和食屋さん。本当は最初、居酒屋さんに行こうと思ってたんだけど忘年会シーズンということもあって、どこも満席だったり貸切で、狙ってたお店はほぼ全滅。そんな中、なんとか席が空いてたこちらに入れてもらいました。...

  •  0
  •  0

Orange / Weight Release Tour

PAELLASの全国ワンマンツアー@岡山CRAZYMAMA2nd Roomに行ってきた。パエリアズ初の全国ツアーということで、広島来てくれたらよかったんだけど今回は外れてたので、一番近い岡山公演に参加。...

  •  0
  •  0

新刊漫画覚書1811

12月は例年通り大量に新刊が発売されそうだから今回は11月発売分に加えて、12月前半発売分を一緒にまとめてみた。しかし一年経つのが早いなあ…。■黒田硫黄『きょうのカプセル』 講談社『アップルシード』以来、約3年ぶりとなる硫黄先生最新刊は、『アフタヌーン』や『モーニング』をはじめ各所で描かれた、テーマもテイストもばらばらな作品を詰め込んだ短編集。サイズはA5版と大きめです。2~3ページでまとめた掌編もたくさん収...

  •  0
  •  0

ボヘミアン・ラプソディ

No image

1970年、ロンドンでのバンド結成から、1985年にウェンブリー・スタジアムで行われたライヴ・エイド当日までを追った、クイーンの活動をたどる物語。...

  •  0
  •  0