c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

comics1804.jpg

今月は、濃いめの4冊。
いろんな謎が解き明かされ、急転直下で盛り上がる
作品あり、読後ちょっと喪失感を覚える完結作あり。
読み終わるのが惜しくなるものが多かった。

■九井諒子『ダンジョン飯』6巻 エンターブレイン
かつての仲間である侍・シュローと久々の再会を果たすが
それがきっかけで、いざこざが起きてしまう今巻。ライオス、
シュロー、そしてライオスに対して腹に一物あるカブルー
率いる3グループそれぞれの思惑が交差する中、再び
ファリンが姿を現す。キメラ型の魔物として敵対する形で―。
少し久々に広島駅西界隈を回ってみたら、またまた
新しい店がいくつかできてたので伺ってみた。
今までとは違ったタイプのお店が増えるのは嬉しいし
なんだかちょっと、どきどきするね。

mashitta1.jpg

『マシッタ』
Sunny Day Beer』の隣にできた、カジュアル韓国
ダイニング。店内は、中央に十数人くらい座れる
コの字カウンターが配置され、明るい空間が広がっている。
michelinhrsm1801.jpg

2013年に発行されてから、ちょうど5年。
ミシュランガイド広島版が、愛媛のお店も加えて
再び発売。今回も唯一の三ツ星は、5年前に獲得し
ゴ・エ・ミヨ』でも広島最高点だった『なかしま』でした。

個人的には、『昇月庵』と『そうびき』が今回初掲載ながら
二ツ星を獲ったのは素直に良かったなあと思った。両店とも
素材や料理にこだわる一方で、接客的にはあまり前に出すぎない
というのが共通点かもしれない。一方で『白鷹』や『吉鮨』等の
名店も、今回初掲載というのは不思議な気がする。『喜多丘』が
一ツ星のままで星が増えないのも個人的にうーん…という感じですが
細かいこと言い出したらキリがないので、このへんで。それより
この5年の間で、前回掲載してたのに残念ながら閉店してしまった
お店もいくつかあるので、好きな店、大事な店にはできるだけ
顔を出すようにして、長く続けていってもらえるよう応援したいです。
epure18.jpg

渡仏を経て一年と少し、『ル・ココ』のシェフが
昨年、新たに京橋町にオープンしたフレンチのお店。
本当はジビエのある冬のうちに行きたかったんだけど
新しい店舗にはカウンター席がないと聞いてたので
しばらく様子見。そして4月になり、ようやく一緒に
行ってくれそうな友人をつかまえたので、今回初訪問。
lokantasimiki.jpg

西南アジアの料理とお酒を標榜するお店。
魚処はまだ』のすぐ隣に位置しており、この前
街中を飲み歩いていた時に通りかかって目にした
店前のメニュー表が面白そうだったので今回伺ってみた。
5foryou1.jpg

凛として時雨 TOUR 2018@広島クラブクアトロに
行ってきた。個人的には、2015年のツアー以来
3年ぶりの時雨。前日には、同じくクアトロで
Nulbarichのライブもあったんだけど、さすがに
4月の平日は忙しくて行けなかったのが残念無念。
threebillboards.jpg

アメリカ・ミズーリ州の田舎町。
ある日、深い山に囲まれた寂れた道路沿いに、3枚の
巨大な立て看板が掲げられる。そこに記されていたのは
地元の警察署長へ宛てた強烈なメッセージ。それは
数カ月前、最愛の娘を殺害されたにも関わらず、いまだに
何の手がかりも見つけられない警察に業を煮やした
母親が広告社に出稿させた怒りの看板だった―。