c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

tavern2016.jpg

今年は振り返ってみると、思ってたほど新しいお店に
伺ってなかったので、再訪店も含めてまとめてみた。
ただ、例年以上に和食系に偏ってるから、来年は
違うジャンルのお店も開拓できるといいな。

1位:悠然いしおか
昨年初めて訪れた時も良かったけど、今年再訪時は
より渋い方向に深化。先付で出されたおひたしなんて
カマスと水菜、新蓮根、つるむらさき、おかわかめという
素朴ながら滋味深い素材の組み合わせで、しみじみと
味わわせてくれた。もう、これ一品と燗酒があれば十分かも
と思ってしまうくらい。もちろんその後の地海老真丈のお椀や
スズキの炭焼きも素晴らしかったし、派手さはなくても
落ち着いた穏やかな料理に、なんだか今は惹かれるな。

2位:昇月庵
昨年と1・2位がひっくり返ってるだけやないかという
苦情は受け付けません(笑)。伺った時期が昨年と
同じくらいだったので、焼き胡麻豆腐や鱧と茄子のお椀など
メニュー構成が少し似ていたけれど、やはり好みの味わいだし
お店の雰囲気も相変わらず落ち着きと華やぎが共存してて
いい感じに寛げるお店でした。広々とした空間も含めて
贅沢な時間を過ごしたい時に訪れたくなります。

3位:野趣 拓
今年オープンしたばかりの和食店。4500円という比較的
抑えめのコース一種類のみながら、夏はアコウの刺身や
鱧と小たまねぎの炊き合わせ、冬は菊芋のすりながしに
しめ鯖、甘鯛のかぶら蒸しと、制約ある値段設定の中で
工夫を凝らした料理群が印象に残った。将来的には
高いコースを増やすのもアリだと思うけど、今の方向性も
とことんまで極めてもらえると、嬉しい。

4位:小網町 おせん
『野趣 拓』からも近い、小網町電停前にできた和食店。
こちらもお安めのコースがあるみたいだけど、アラカルトも
楽しい。春なら鯛の子と春野菜の焚合せや、茄子とズッキーニの
揚げ浸し、秋なら蓮根まんじゅうに、牡蠣と豆腐のみぞれ鍋
などなど、旬の素材を淡く上品な出汁で味わえる。日本酒も
地酒から全国の銘酒まで各種揃っているので左党にもおすすめ。
名物のすっぽん鍋も、いつか頼んでみたいな。

5位:料理 むら上
流川の『鮨昇』があった場所に昨年オープンした和食店。
鯛の海苔巻きや無添加豚骨スープなど、お通し代わりの
前菜が凝ってて面白く美味しかった。大ぶりのお刺身は
熟成させたものが中心だし、クエの骨蒸しは絶妙な仕上がり。
他にもまだまだ気になるメニュー盛りだくさんだったのに
当日うっかりお金下ろし忘れて、あまり頼めなかったのが
心残り。近いうちに再訪して、次こそはいろいろ頼もう。