c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

Archive2016年03月 1/1

猿猴橋復元

被爆70周年記念事業として昨年から工事していた猿猴橋の復元が無事完了。これを祝して今月28日は周辺でお祭りが開催されていたらしく、ちょうど点灯式の頃合に近くを通ったので、ちょこっと見学。完成したばかりの橋は、思った以上に白く鮮やかだし70数年ぶりに復活した柱上のタカ像も巨大で立派。正直、広島駅前の雰囲気に合わないんじゃないかなと一瞬失礼なこと考えたけど(笑)、よく考えたら再開発でこの辺りもどんどん変貌し...

  •  0
  •  0

ちはやふる -上の句-

競技かるたを題材とした、末次由紀の原作漫画が上の句&下の句の二部作で映画化。原作は未読なので詳しくは知らないけど、ジャンルは少女漫画の皮を被ったスポ根らしい。もともと評価が高い原作モノって実写にするとだいたい微妙になりがちだけど、これはあちこちで評判良かったのと、主題歌の関係で見てきた。...

  •  0
  •  0

魚寅

堺町の『寅卯』、本通の『寅造』に続き、3店舗目の系列立ち飲み屋さんが袋町にオープン。店名の通り魚介系メニューが中心のお店ということです。...

  •  0
  •  0

サウルの息子

1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。ハンガリー系ユダヤ人のサウルは、収容所で死体処理などの作業を行う特殊部隊=ゾンダーコマンドとして働いていた。毎日大量に送られてくるユダヤ人同胞をガス室に送り込む隊員たちだが、彼らも最終的には抹殺される運命にあった。...

  •  0
  •  0

笑食処 うえだ

今年、猿猴橋町電停前にできた和食屋さん。店の前を電車で通るたびに気になってたけど、ちょうど今月の某タウン誌に掲載されてたので、伺ってみた。...

  •  0
  •  0

MUSIC CUBE 16【DAY2】

初日はほぼ一つの会場に引き篭ってたので、二日目はあちこち動き回ろうと思ってたのに、花粉が予想以上にきつくて心折れる。という訳で、結局今年は二日目もあまり移動せず、だいたい同じとこにいました。...

  •  0
  •  0

MUSIC CUBE 16【DAY1】

毎年恒例のMUSIC CUBE。今年は、例年より発表がかなり遅かったのもあって参加者がぐっと少なくなった印象。クアトロにまったく行列なく入れたのは初めてかも。でも、初日に引き篭ってたナミキジャンクションあらためセカンド・クラッチはずっといい感じに埋まってて、何度か入場規制もかかってた。...

  •  0
  •  0

料理 むら上

昨年末、同じ流川内で移転した『鮨昇』。その移転前の場所に、昨年5月頃オープンしたというお店にようやく初訪問。店主は元々、笹組系の店舗を中心に働いておられたそうです。...

  •  0
  •  0

日々は過ぎ、思いは残る

福島第一原発、通称「1F」で作業員として働いた日々を漫画化した『いちえふ』は、2014年の労働記録をまとめた3巻の時点でネタ切れのため一旦終了。中身はこれまでといい意味で変わらず、地味&地道で淡々とした作業を屈託のない雰囲気で克明に描く。前回から1年半が経ち「1F」構内でも少しずつではあるが、廃炉へ向けて進捗する様子が垣間見えた。原発に関してはいろいろ思うところもあるけれど、少なくとも現場で働く作業員の方々...

  •  0
  •  0

キャロル

1950年代、ニューヨーク。写真家になる夢を抱くテレーズは、クリスマスシーズンにアルバイトをしていた高級百貨店で、一人の女性と出会う。鈍く輝く金色の髪に赤い帽子、赤い口紅。彼女をひと目見た瞬間から、自分の胸の中に言いようのないむずがゆさが生じたことに気づく。幼い娘のためにプレゼントを購入し配送先にと残していった彼女の名前は―。キャロル・エアード。...

  •  0
  •  0

うどん笑吉

光町にできたうどん屋さん。光町近辺の新店はなぜかあっさり閉店しがちで、今年に入ってからも2店舗ほど居抜きで変更済。なので、新規オープンから半年くらいは様子見したいところだけどこちらはお酒も飲めると教えてもらったので、早速行ってきた。...

  •  2
  •  0