c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

寒くなると、やっぱりジビエ食べたくなるよね。
本当は秋の終わりから動いた方がいろいろ楽しめると
思うんだけど、なぜか毎年これくらいの時期に
なってしまう。というわけで、今シーズンに食べた
ジビエをちょこっとまとめてみた。その前に、同じく
シーズン真っ盛りの牡蠣のお店にも触れてみる。

kakichuhouse.jpg

『かき忠ハウス』
平和大通りから少し北に入った場所にできた牡蠣専門店。
酢がきをはじめ、焼きがき、かきフライ、天ぷら、かき鍋、
かきめし、かき雑炊、かきみそ焼きなどなど牡蠣料理が
全品540円。居酒屋メニューもちょこちょこありますが
やはりここは、とことん牡蠣尽くしで攻めてみたい。
comics1501.jpg

年の初めにふさわしく、今月は第1巻が大半。
それに初連載作や、初スピンオフなど新しい挑戦を
始めている作家さんが多いので、密かに応援したい。

■九井諒子『ダンジョン飯』1巻 エンターブレイン
竜の学校は山の上』、『竜のかわいい七つの子』、
そして『ひきだしにテラリウム』と次々に名短編集を
生み出してきた九井先生初の長編作品が登場。舞台は
黄金の国が地下深くに眠ると言われるダンジョン。
主人公の戦士率いるパーティは最下層近くで遭遇した
レッドドラゴンとの戦いで全滅直前に脱出。しかし
仲間の一人である戦士の妹がドラゴンに食われたため
彼女を救うべく、再びダンジョンを目指すことに…。
fukuzushi1.jpg

岡山に少しだけ寄る用事があったので、駅周辺で
お昼ごはん。岡山には以前から気になってるお鮨屋が
2軒あるんだけど、一軒は遠すぎるし、もう一軒も
夜営業のみなので、代わりと言ってはなんですが
駅近くで見つけたこちらのお鮨屋へ。店頭に置いて
あったパンフレットによると、創業1956年と結構
歴史あるお店なのに、店内はまだ真新しい雰囲気。
tsspivet.jpg

『アメリ』や『ミックマック』でお馴染み、ジャン=
ピエール・ジュネ監督最新作を新生サロンシネマ
見てきた。昨年9月にオープンして以来、ようやくここで
初鑑賞。他の系列映画館と同様、シートの座り心地は
いいし、掘りごたつ席もいい雰囲気だったな。
tsurugiya1.jpg

じぞう通りにある洋食屋台BAR。
ル・ココ』に行くたび目についてたから、今年初訪した
帰りに寄ってみた。ちなみに、ル・ココではヒグマの
ロースト食べてきたよ。身の締まった赤身肉が旨かったあ。
htoshogu2015.jpg

年が明けて10日を過ぎ、ようやく初詣へ。
いつもは護国神社に行くんだけど、今年は二葉の里の
広島東照宮へ参拝。近くで見たら、階段がかなり急で
少しひるむ。年配の方とか大丈夫なんだろうか…。
その階段を越え拝殿に向かうと、他にも参拝する人が
たくさんいて、ひと安心。お参りを済ませた後
せっかくなので御守り買って、おみくじも引いたら
珍しく大吉。なんだか幸先いいな。でも、あまり調子に
のらず、今年は落ち着いてゆっくり地道に過ごそうと思う。
mc15open2.jpg

第二弾は一気に27組+事前発表1組含めた全28組。
アルカラ、tricot、BIGMAMA、水曜日のカンパネラ、
SHISHAMO、シナリオアート、plenty、パスピエ、
鶴、LEGO BIG MORL、Kidori Kidori、Bentham、
ドラマチックアラスカ、忘れらんねえよ、片平里菜、
ウソツキ、ALL OFF、wrong city、フレデリック、
THE BOYS&GIRLS、FABLED NUMBER、Draft King、
LAMP IN TERREN、Lenny code fiction、ヒトリエ、
カフカ、戸渡陽太、あいみょん。まずはとにかく
密かに期待してた水曜日のカンパネラ!と思ったら
会場はアリスガーデンだったという。無料で見られるって
贅沢なような勿体ないような。あとは昨年見損ねた
SHISHAMOや一昨年見損ねたパスピエ、試聴してみたら
いい感じだったシナリオアートにBenthamあたりは
タイムテーブル次第で見に行きたい。あ、そういえば
超今更な話ですが、今年はライブ会場から『4.14』が
外れてるから、総数はいつもより少なくなるのかな。

■MUSIC CUBE 15/http://www.musiccube.jp/
myfriendkeiichi.jpg

昨年末に、曽我部さんの新作がまたしても登場。
ソロとしては前作から9カ月と、これも十分早い
ペースだけど、2カ月前にはサニーデイの新譜も
出してるという。本当に、無尽蔵になってきたなあ。

今回は全曲弾き語り仕様で、一曲目から囁くような
優しい歌声が、静かに緩やかに広がっていく。まるで
雪の降る夜、暖炉の前で聴いているような感覚。
ただ、優しいといっても感情を込めすぎず、どこか
遠い目で歌っているように感じられる一方で、なぜか
すぐ近くで歌っているような生々しさも感じるという
不思議な仕上がりになっている。あと、全11曲が
収録されているものの、歌と歌の間に途切れはなく
アルバム一枚で一曲の歌を奏でているように思えた。
たぶんこの冬、一番聴き続けることになる一枚。
叶うなら、以前開催されたカレー・ライブのような
小さい会場で、いつか再現ライブを見てみたい。
comics1412.jpg

2014年は積み残しというか、見逃しが多かった。
しかも、よりによって年間ベスト級をスルーしてたのが
痛い。今年はもうちょっと、視野を広げていこう。

■田島列島『子供はわかってあげない』上・下 講談社
年末恒例の各種漫画ランキングで上位になった中で
一番気になった作品を買ってみたら、これが今まで
読んでなかったのを後悔するくらいの快作。というか
最終話だけは雑誌で読んだ記憶あるから、その時に
なんでチェックしとかなかったんだろうと歯軋り中。
ストーリーは、高校の水泳部女子と書道部男子がふとした
きっかけで接点ができ、ふたりの少し微妙な家庭環境が
明かされていくというだけの話なんだけど、ほどよくラフで
柔らかい絵柄といい、マイペースでまっすぐで真正直な
キャラクターといい、大げさでなく淡々とした展開ながら
底に温かい空気が流れる雰囲気といい、すべてが完璧。
毎年、年末はどの店も満席で行く当てがなくなり
年始は開いてる店が少なくて途方に暮れるという
罠にはまる日々。今回も似た感じで過ごしてました。

barenn.jpg

『艶』
年末は十軒近く振られまくった後、『はせべ』になんとか
空きがあったので入れてもらい、ほっと一息。そんな
飲み屋彷徨の際に見つけた日本酒バーに二軒目で訪問。
話を聞くと、横川にあるBAR『atelier』の姉妹店らしい。