c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

Archive2014年12月 1/1

2014年度“私的”LIVEベスト10

Perfumeのツアーがある年はどうしてもそっちに集中しちゃうから、他のライブは少なくなってしまった一年。あと、ライブハウスにも全然行けなかったな。年齢的にもそろそろしんどくなってきてるので(笑)、身体が動くうちに、行けるライブはできるだけ参加せねば。1位:Perfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」「JPN」以来、約2年半ぶりとなる全国アリーナツアー。全国7会場14公演中、広島、福岡、代々木の計3会場6公演に参加してき...

  •  0
  •  0

“私的”飲み屋ベスト10@旅先編【2013-2014】

そういえば旅先でもいろいろなお店に行ったからそろそろまとめてみようと2年分振り返ってみたら思った以上に多かったという。どうしても身近な関西や福岡に偏ってしまうけど、機会があればまた金沢とか訪れたことのない土地にも行ってみたいなあ。1位:旬席 鈴江[京都]京都の平安神宮から歩いてすぐ、小さな川のそばに位置する日本料理屋さん。初夏にはその川で蛍が見られるというのんきな理由で選んだけど、とても素晴らしいお...

  •  0
  •  0

2014年度“私的”飲み屋ベスト10@広島

今年は初訪店と数年ぶりの再訪店を中心にまとめてみた。そして、今年の個人的なキーワードは「魚料理」と「正統派」。アイデア溢れる創作系もいいけど、年を取るとどうしても王道に惹かれるのかもしれない。1位:阿じ与志福山の老舗割烹。春は鯛、夏は鱧とアコウ、冬はフグとカニといった四季折々の素材でもてなしてくれるお店。伺ったのは夏の初めだったので、鱧とアコウ料理がどーんと提供。瑞々しくもちもちした鱧の焼き霜造り...

  •  0
  •  0

2014年度“私的”漫画ベスト10

今年は第1巻と最終巻が入り乱れる、バランスがいいんだか悪いんだかよく分からないランキングとなりました。ある意味、節目の年だったのかな。既に今年の12月発行分も着々と溜まってきてるので年末年始にゆっくり読んでいこうっと。楽しみ♪1位:清家雪子『月に吠えらんねえ』 1・2巻詩人、歌人、俳人ら作家本人ではなく、作品から受けるイメージを擬人化した近代文学ファンタジー。とにかくすべてが過剰な怪作に仕上がっておりま...

  •  0
  •  0

2014年度“私的”映画ベスト10

広島の映画事情としては、昨年のシネツイン新天地閉館に続き、今年は鷹野橋のサロンシネマが閉館&八丁堀へ移転と、相変わらず序破急系列の映画館に大きな動きがあった一年。あと、横川シネマも10月にリニューアルしたので、近いうちに行きたいな。1位:ダラス・バイヤーズクラブ今年はやっぱり、この作品が圧倒的だった。とにかく、実在の人物をモデルにした主人公の存在が痛快。性格も根性も口も悪い彼が、HIV陽性となり新薬を承...

  •  0
  •  0

つれづれ

広島駅西で長らく営業してきたお好み焼き屋『金ちゃん』が閉店し、最近その跡地で工事してるなと思ってたら、横川の『つれづれ』が移転OPEN。線路がすぐ目の前を走る立地でお店の窓から電車が次々運行していく姿が見られて、いい雰囲気。...

  •  0
  •  0

寄生獣

連載終了から20年近く経った『寄生獣』がアニメ化&映画化。ハリウッドが映画化権を獲得しつつも進捗なく昨年その権利が切れたことで、一気に映像化の話が動いたとか言われているが、漫画好きの間で圧倒的に評価高いし、個人的にも掲載誌の『アフタヌーン』を定期購読するきっかけになった作品なので思い入れ強く不安8割、期待2割くらいの心持ちで待機することに。...

  •  0
  •  0

貝専 どんつき左

貝料理の専門店ができたということで伺ってきた。広島で牡蠣料理のお店はよく見かけるけど、貝料理を謳うのは珍しいな。場所は立町の『竹のした』そばの路地奥。入口は、新天地の『Chameleon』と似た仕様で、初見だとかなり分かりにくいかも。...

  •  0
  •  0

MUSIC CUBE 15 開催!

今年はちょっと遅めの発表となるMUSIC CUBE第一弾。3年ぶりのOKAMOTO'Sに、THE BACK HORNをはじめCzecho No Republic、Charisma.com、asobius、Rhythmic Toy World、THE ORAL CIGARETTES、go!go!vanillas、This is Not a Business、BLUE ENCOUNT、SEBASTIAN X、HOWL BE QUIET、KEYTALK、赤色のグリッター、テスラは泣かない。黒木渚の16組。常連、初登場組ともにバランスいい組み合わせ。個人的には、前から見てみたいと思ってたCh...

  •  0
  •  0

中新地, again

この前うろうろした時に気になった中新地通り沿いのお店を巡るため、再び徘徊。狭い範囲にいろんなお店がぎゅっと詰まってて、いい感じだったよ。『かど乃 おすぎ』店名の由来なのかどうか分からないけど、まさしく通りのかどに位置するお店。8席ほどのL字カウンターとテーブルだけで構成される、こぢんまりした良い雰囲気。...

  •  0
  •  0

フューリー

第二次世界大戦末期となる、1945年4月。ドイツ侵攻中の連合国軍の中に“FURY”(激怒)と名づけられたシャーマン戦車が疾駆していた。世界各国で戦闘に参加してきた戦車の指揮官ドン・コリアーの下には息の合った4名の部下がいたが、副操縦士を戦闘で失う。そこで彼らが新たに迎えた操縦士は、たった8週間前に入隊したばかりの若く頼りない新兵だった。...

  •  0
  •  0

新刊漫画覚書1411

今月はすべて第1巻ばかりですが、なぜか買いにくい表紙デザインが多い。庄司先生のは想像ついてたけど木村先生は、なぜこんなことに(笑)。ただ、それ以前に書店での入荷数が少なかったのがもっと気になる。ドカンと売れろとは言わないので、打ち切りにならない程度には、ちゃんと入荷して売れますように。...

  •  0
  •  0