c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

neverlandcnr.jpg

チェコのメジャーデビュー・アルバム。
今年のMUSIC CUBEで見てすごく良かったから買ってみた。
その時、なぜか男だけのバンドと勘違いしてたんだけど
後で調べてみたら今年になって3人組から5人組に増員して
モデルもされてるタカハシマイさんが加わったのね。勝手に
黒い森ガールとか呼んで、申し訳なく思っております。

で、肝心のアルバムですが、一曲目「ネバーランド」から
キャッチーでお洒落でキラキラしてて、心弾む仕様。
というか、その後に続く「MUSIC」も爽やかでキラキラだし
「Call Her」は疾走感あってキラキラしてるし「レインボー」は
ゆったりキラキラしてるし、「Don't Cry, Forest Boy」は
雨上がりの空のようにキラキラしてて、結局全部キラキラ
だったという。なにこのまばゆさ。中盤以降は穏やかで
柔らかくてあたたかい流れ。タイトルに反してポップで
ハッピーな「幽霊船」、祝祭感あふれる「ダイナソー」、
ドラマティックな「ショートバケーション」、そして淡い
光の中に消えていきそうな「エターナル」でエンディング。
冬が間近に迫ってますが、どっちかというと春から初夏に
かけて聴きたくなるような、瑞々しく心地よいアルバム。
CDだけじゃなく、ライブもまた見に行きたいなー。
comics1310.jpg

今月は久々に大量発売で大変。
ただでさえ集めてる作品数が多いから、これ以上
手を広げるのはやめようと思っても、出版不況で
漫画家さん大変という話を聞いたら、せめて好きな
作品くらいは、ちゃんと買おうと思う訳です。
capslock.jpg

capsuleからCAPSULEへと表記を大文字に変更。
そして、それに合わせたアルバム名の『CAPS LOCK』
発売。収録曲も、人を食ったような(笑)タイトルが並ぶ。
chroniclemovie.jpg

関東限定公開と聞いていた作品が広島でも上映開始。
TOHOシネマズ緑井だけですが、なぜかチケット代が
1000円均一なので、ぜひ見に行くべきなのです。
saijo1301.jpg

毎年恒例の酒まつりに行ってきた。
もはや目新しいことはないだろうと思いつつも
年に一回だし、せっかく近くに住んでるから
懲りずに通うのです。みんなが昼間っからお酒
飲んでるのに、自分だけ飲んでないのは我慢
ならないというのが、一番の理由の気がしますが。
前回から間を置かず、路地裏酒場めぐりです。
意識して歩くと、路地裏って良い店・気になる店が
多いなあとあらためて実感。しばらく探索続けよう。

ayur13.jpg

『Ayur』
白島に野菜のおいしい店ができてたよと教えてもらい
行ってみたのがこちら『アユール』。路地裏というか
白島通りと城北通りに挟まれた裏通りに面する位置に
あります。つい最近、オープンしたばかりらしい。
playinhell.jpg

園子温監督最新作は、ここ最近のシリアスな作風から
打って変わって、映画への過剰な愛情が溢れる娯楽作。
そうは言っても、監督の好きなものをとことん煮詰めて
詰め込みまくってるので結局、見る人を選ぶと思います(笑)。
thetricot.jpg

tricotの1stフルアルバム。
今までミニアルバムは何枚か出てたけど、フルは
これが初みたい。個人的には今年のMUSIC CUBE
初めてちゃんと聴いて、ツアーでハマったので
タイミング的にちょうど良かったかも。

イントロかなと思ってるうちにすぐ終わっちゃう
一曲目に続き、二曲目は「POOL」。ツアーですごく
好きな感じの曲があったんだけど、これかなあ。
これまで何度か言ってるように、切なさと儚さを
帯びた歌声を聴くと無条件で心掴まれちゃうので
初っ端から一気に惹き込まれる。続く「飛べ」の
乾いた解放感も心地いいし、ヒゲMVでお馴染み
「おもてなし」はどこか気怠さも漂っててカッコいい。
ドライなのに艶のある歌声に対して、演奏は変拍子が
前面に出つつも、根っこはポップでクールでメロディアス。
そのせいか、激しめの曲が多くても聴き疲れしない。
後半は、ライブ定番っぽい「おちゃんせんすぅす」や
「99.974℃」を挟み、柔らかさと疾走感がせめぎ合う
「初耳」、気持ちと叫びが少しずつ絞り出される「CGPP」、
そしてドラマチックな盛り上がりを見せる「おやすみ」で
締める13曲。1stアルバムとは思えないくらいレベル高く
充実した一枚。また、ライブで見るのが楽しみ。
level3.jpg

前作『JPN』から約2年ぶりとなるPerfume 5thアルバム。
3作目から4作目までの2年4カ月はすごく長く感じたけど
この2年は結構あっという間な気がする。それだけ
この間の活動が濃厚だったのかなあ。で、今回の
初回限定盤はスペシャルパッケージ仕様で、蛍光ピンク、
蛍光イエロー、クリアの3色からケースが選べるように
なってますが、中身は一緒なのでクリア盤を購入。
sstccnnr.jpg

是枝裕和監督最新作は『誰も知らない』、『奇跡』に
続く、子供にまつわる物語。と言っても、主演は
福山雅治で、さらに尾野真千子、リリー・フランキー、
真木よう子と、有名俳優陣が名を連ねる。