c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

correctstsr.jpg

相対性理論のNEWアルバム。
と言っても、純粋な新曲は3曲のみで、あとは既発曲の
リミックスというか再構築。再構築者がかなり豪華メンツで
坂本龍一を始め、鈴木慶一、Cornelius、スチャダラパー
などなど。一番リミックスらしいリミックスと感じたのは
マシュー・ハーバートの「QJPCAM」かなあ。逆に
やりたい放題好き放題やってんのが、SPANK HAPPY。
かわいい雰囲気で始めておきながら、自分で歌い出すわ
韓国語のアナウンス入るわ、最後はぶった切って
やり逃げという。一方、教授版は静かなピアノ伴奏を
バックにパラレルパラレル歌っててアンバランスさ半端ない。
リンゼイ先生は、なぜか遠くで秋祭りの気配がする。
そんな中、個人的に良かったのは、美しい流れの
慶一さんと、キラキラ・オサレなCornelius版。

新曲は、1曲目の「Q/P」から超脱力系で、いい感じに
気が抜ける。「Q&Q」は穏やかな、陽だまりの中で
歌ってる雰囲気。「(1+1)」も温かくて、どこか切ない。
で、リミックスにしろ、新曲にしろ、やくしまる嬢の
柔らかくて低体温だけど存在感ある歌声がすべてを
支配してしまう。相対性理論というバンドは、結局
彼女がすべてを受け止めることから始まるんだね。
ところで、その歌声がどんどん幼くなってるような気が。
いつの間にか、子どもの声になってたら笑うな。
comics1104.jpg

今月は待ち望んでた作品がまとめて発売。
物語の終盤に向かっているものや、まだ始まりの
勢いを保ちながら突っ走っているものまで様々だが
どれも濃ゆくて独創的、かつ安定感もあるのが特徴か。
ss11pre01.jpg

今年もSETSTOCK第一弾発表の季節。
ここ数年、常連になってるBAWDIESや、一年ぶりの
Dragon AshにBIGMAMA、そして久々のPOLYSICS、
クロマニヨンズ、テナー、さらにユアソン、阿部真央、
ワンオク、星野源、FUNKISTの計11組。第一弾だけ
見ると、昨年よりロック寄りにぐっと戻した感じ。
かつ、盛り上がりが激しいバンドが多いので、かなり
体力消耗しそう(笑)。あと、今年はキャンプサイトも
初めて開放するみたい。その分、夜遅くまでやってくれる
…可能性は低いと思うけど、ちょっぴり期待してみる。

http://www.setstock.jp/
pink1.jpg

曽我部恵一ソロ活動10周年。ということで、昨年の
けいちゃん』から一年経たずに、最新アルバムが登場。
今年1月に行われた『曽我部恵一と前野健太の一週間』で
披露された新曲が中心。3曲目の「普通の女の子」は広島で
演ってくれた、柔らかくてかわいらしい曲。でも広島で
作り上げた「cinema sentiment」は入ってなかった。
もしかすると別の題名になってるのかもしれないけど
もうはっきりとは覚えてないから、確認できず。
アルバム全体の雰囲気は曽我部さんらしい、力が
いい感じに抜けた自然体な作り。かつ、春っぽく軽快で
じんわりとしたあたたかさの中、どこか儚さも漂う。
夏の終わりのような前作と、春の始まりのような今作。
ライブに行けば、これを両方味わえる!と思って期待
してたら、今度のツアーは広島来ないみたい…。残念。
suckerpunch.jpg

300』、『ウォッチメン』のザック・スナイダー監督
最新作。母の死後、遺産を狙う継父の計略で精神病院に
送られた少女。5日後にはロボトミー手術が迫る中、
彼女は現実と空想の狭間で自由への戦いに挑む。
過酷な現実を前に空想で立ち向かうという設定で
一瞬『パンズ・ラビリンス』を思い浮かべてしまったのを
反省してしまうくらい、まったく異なるトンデモ娯楽作。
idolshura.jpg

吉田豪×掟ポルシェによるトークイベント『アイドル修羅の門』
@横川シネマに行ってきた。豪さんは、昨年のJさんとのイベント
人生相談番外地』で一回見たけど、掟さんは初めて。ただ
某ライブで、遠目からちらっと見かけたことがあるような気も。
kswatanabe1.jpg

平和大通り沿い、ビルとビルの間にひっそり佇むお店。
雑誌『旬遊』のHPに「名店ガイド」っていうページが
できてて、紹介されてる中で気になったこちらに行ってみた。
chugoku110406.jpg

フラワーフェスティバルのスペシャルゲストにまさかの
Perfume! でも正直、嬉しさ半分、怖さ半分というか。
ただでさえ、あの人込みなのに、どれくらい人集まるんだろ。
運営の方は大変だろうけど、十分気をつけてがんばって
いただければと思います。あと「届けよう 希望 元気」を
スローガンに、震災の被災地支援を掲げているので
今年は全体的にも、今までとは違った雰囲気になりそう。

http://www.hiroshima-ff.com/
qbest.jpg

MUSIC CUBEの熱も冷めやらぬ中、サンボマスターの
ベスト盤が登場。福島・栃木・千葉出身のメンバーが
あの日、広島に駆けつけてくれた想い、怒髪天から
引き継いだ想い、地元に対する言葉では言い表せない想い、
いろんな想いが交錯し、ロックンロールの名のもとで
昇華した光景を、この先きっと、ずっと忘れない。

CDは二枚組で新曲含む全34曲! 究極ベストの名の通り
詰め込めるだけ詰め込んだ重量盤。そして初回限定DVDも
PV&ライブ映像が20曲以上と、てんこ盛り。これ見ると
やっぱりライブがいい。RIJの地平線の先まで広がるような
開放感もいいし、渋谷ラママのぎゅうぎゅう詰め込み
カオス空間も楽しそう(正直ここに入りたいとは思わないがw)。
これだけストレートで、嫌味なくスッと心に刺さるのは
歌の力や演奏の力はもちろん、ロックンロールを、自分を、
ファンや観客を信じきっている本人の人徳なんだろう。
近いうちに東北で、日本中で、彼らの音が響き渡ることを信じて。

できっこないを やらなくちゃ
comics1103.jpg

出版業界もいろいろ厳しくなってきている現状。
一漫画ファンとして、とりあえずできるのは
ちゃんと新刊を買うことくらいかなと思ってみたり。