c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

igbasterds.jpg

クエンティン・タランティーノ監督最新作。
実は、タランティーノ作品は一本も見たことなかったり。
学生時代、評判になってた『パルプ・フィクション』を
見逃した時点でなぜか「もう、いいや」とヤケになって以来
頑なに見ようとしなかった訳ですが、もういい大人なので
封印解いて見に行ってきた。
tjh0912.jpg

TJ12月号は、ケーキ屋さん&クリスマス特集。
他にはMUSIC CUBEの記事が始まってたり、珍しく『むろか』の
大将が出てたり、デビュー前の某グループがたまに来てたという
TSSの食堂が載ってたり。ちなみに、ふとした弾みで某記事にちらっと
出てますがあんまり見ないでください。でも、雑誌は買ってください。
comics0911.jpg

ぐ。今月、新刊多すぎる。
この後も26日(広島は一日遅れ)に新装版『ペット』3巻と
玉吉4コマ集が出るみたいだし。出費かさむ。とはいえ
待望の新刊に加え、予想外の新刊もあって、ホントは
ほくほくしております。コタツに入って読める幸せ。

■市川春子『虫と歌』講談社
『アフタヌーン』でデビューした市川春子初単行本。
もともとデザイナーの人らしく、装丁も作者自身の作。
本誌の時点で全部読んではいたけど、まとめて読むと
一層不思議な読後感。設定は、かなり無茶苦茶なのに
細くて柔らかくて儚い絵柄のおかげか、すんなり話の
中に溶け込んでゆける。収録されてる4編どれもよいが
「日下兄妹」の良さは言葉でなんか説明できないので
読んでもらうしかないのです。それでもあえて一言だけ
言うなら、ヒナ(最初「ネジあて」だった!)のかわいさ・
いじらしさは、心の奥をキュッと掴んで離してくれない。

■三宅乱丈『ユーレイ窓』太田出版
三宅作品って、今までの作品の振り幅のせいで読み始めても
しばらくはギャグ系なのか、シリアス系なのか分からなくて
無駄にドキドキする。ギャグ系だとホッとできるけど
シリアス系はエグいことになりがちだから、最後まで気が
抜けない。今回は短編集なので、一冊の中でホラー、ホラー
と来て、変化球、脱力、うつけ歴史モノ、酷いオチ、いい話と
ロシアンルーレットのような緊張感&目まぐるしさ。つーか、
落差がひどい。前半ドキドキ、後半なんじゃこりゃあ状態。
いや、面白いんだけどね。最後の話はキャラクター、空気感
ともにかなり好み。あと、この人のあとがき漫画初めて見た。
ここでもやっぱり、妙なノリでしたよ。
hyper39tour.jpg

木村カエラの「LIVE HOUSE TOUR 2009」に行ってきた。
前にSETSTOCKでちらっと見たことあるけど、ワンマンは
初めて。女子ファンが多いのかなと思ってたけど
予想以上に男(ロック系)多し。ちなみに、右方壁側は
女子限定ゾーンになってた。
djapan0912.jpg

『Discover Japan』創刊第2号は、酒特集。
「知ってるつもり? ニッポンの酒」と題して、
日本酒を中心に、日本産のワイン、焼酎、泡盛、地ビール
等をざっと概観。「純米こそ酒の神髄」という特集では
兵庫の「富久錦」、京都の「月の桂」と並んで、西条の
「賀茂泉」が紹介。三大銘醸地だしね。酒まつりという
派手な舞台でしか見たことないけど、裏ではいろんな
努力やら積み重ねが粛々と行われているんだなあ。
他にも、酒造りを酒米や歴史から神話にまでさかのぼって
眺めてみたり、47都道府県の銘酒カタログがあったり、
居酒屋探訪家・太田和彦氏による燗酒指南があったりと
盛りだくさん。こっそり、石川雅之@「もやしもん」の
プチ・インタビューもあり。取り扱う領域は幅広いけど
それぞれの特集にこだわりが感じられ、かなり読み応えの
ある出来映え。なので、時間ある時にじっくり読もっと。
mc10open.jpg

初開催の今年に引き続き、来年3月20日・21日にMUSIC CUBE 10
開催決定。会場も1カ所増え(「4.14」)アリスガーデン含めた
計6会場。ということは、アーティストの数も増えるんだろうか。
で、肝心のアーティスト発表第一弾は、アナログフィッシュ、
avengers in sci-fi、andymori、大橋トリオ、THEイナズマ戦隊、
THE BAWDIES、SPANK PAGE、SxOxU、竹内電気、chaqq、鶴、
のあのわ、PENGIN、bonobos、LUNKHEADの15組。とりあえず
avengers in sci-fiと、のあのわ見たい。今年見られなかった
THE BAWDIES、竹内電気あたりも。あとはタイムテーブル次第かなあ。

■MUSIC CUBE 10/http://www.musiccube.jp/
absolutego.jpg

POLYSICS WORLD TOUR OR DIE 2009!!!!
ワンマンは、ちょうど一年ぶりくらいか。というか、
前回はゲストありだったから、純粋なワンマンは初参加。
thisisit.jpg

今年7月から来年3月にかけて、全50公演を行う予定だった
マイケル・ジャクソンのコンサート『THIS IS IT』。
彼の死により、日の目を見ることがなくなったはずの
コンサートを、長時間撮影していたリハーサル風景から復元。
sskiyokawa.jpg

ライブ帰り翌日のお昼も、またまたお鮨です。
横浜中華街の奥の方にあるので、人通りの多い通りを
かき分けかき分け進んで行くと、突き当たる。中華街は
以前来た時より観光客の数が多い感じで、時季的なものか
何なのか分からないけど、活気があってよかった。
sshide.jpg

新横浜周辺は、あまりお店がないようだったので
ライブ終了後は、関内まで戻って、お寿司屋さんで一杯。
横浜と言えば、以前『鮨 水谷』の大将が営業されてた場所を
引き継いだ『はま田』という店があるらしいんですが、
それほど遅くまで開いてなくて、今回は断念。こちらの店は
ラストオーダーが23時なので、地下鉄乗って即行向かう。
triangle09y1.jpg

Perfume Second Tour 2009@横浜アリーナ。
横浜と言えば思い出すのが、昨年の『GAME』ツアー。
広島のチケットが取れなくてテンションおかしくなった挙句
一瞬本気でチケットないまま、最終日の横浜に特攻しようかと
思い悩んだのが、まるで昨日のことのよう…。そんな横浜で
いよいよ千秋楽! 今回はきっちりチケット取って行ってきた。
mother09.jpg

グエムル』以来、3年ぶりの長編となるポン・ジュノ監督
最新作。『ほえる犬は噛まない』、『殺人の追憶』、『グエムル』
と見てきた中で、個人的に一番好きな『殺人の追憶』の犯罪
サスペンスをベースに、『グエムル』の親子愛を純化させたものを
混ぜてみたら、とんでもない怪作ができあがったという感じ。