c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

tavern2008.jpg

今年は、もはや寿司屋ランキングの様相を呈してますが
たまにはこういう年があってもええじゃろ。毎年同じような
感じじゃ、おもしろくないし。とは言え、上位の方はあまり
動きなしです。人の好みなんて、そんな簡単に変わらん。
2007年版ベスト10
2006年版ベスト10

1位:にかいのおねぎや 笹木
メニュー単品で見ると、他店でもたくさんおいしいもの
食べさせてもらいましたが、トータルで見ると、この結果。
新店サポートのためか、一時ちょっとふわふわした雰囲気に
なってた気がするけど、最近はまた落ち着いた感じに。
先付が三種盛りになってたり(ねぎのスープ、大根のたいたん、
ナマコ酢とか)、魚料理を中心にメニューが増えてたりと
元がいいのに、さらに少しずつ良くなってるのは、さすが。

2位:鮨昇
ほどよい緊張感が漂い、数回行ったくらいではまだまだ
気軽に過ごせる感じではないけど、単純にここの握りが
好みだという話。すべてにおいて、バランスがいいのかな。
あと、ここで生の白子を初めて食べたけど、箸でつかむと
ぷるぷる、口内ではつるとろ、味は上品と、絶妙でした。

3位:夕食家ほりかわ
ざっくり系の居酒屋さんの中では、個人的に一番好き。
冬場は、フグが安く食べられる。ふぐちり、ふぐさし、
唐揚げ、雑炊…。ただ、鍋は二人前からなので、大体
いつも唐揚げ食べてます。でも、これが飽きない。

4位:獨楽
相変わらず、料理・お酒・雰囲気・値段と、すべて揃ってて
バランスが良い。もともと素材が良い店でしたが、大将が
とうとう自分の畑を持つほどまでに、こだわりが進化。
とても人に薦めやすいかわりに、予約しないと入店困難。

5位:鮨や 之里
結局、広島のお寿司屋さんで一番よく行くのは、ここかな。
それでも2~3カ月に1回くらい。相変わらず、居心地いい店
ですが、「何回か通う→いいネタを出してくれる→値段も上がる」
という、寿司屋ではよく見られる法則が、こちらでも見られます。
一品料理を頼みすぎなければ、そこまで高くはなりませんが。