c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

comic2008.jpg

今年は、長期連載が次々完結する節目の年だったような気がする。
が、それに入れ替わるように、新しいタイプの作品も出始めており
日本の漫画は、まだまだおもしろくなりそうな気配がします。
2007年版ベスト10
2006年版ベスト10

1位:三宅乱丈『イムリ』4巻
昨年の2位から順位を上げてみました。ただ、独特の絵柄といい、
やや難解なストーリーといい、合わない人はまったく合わない
気もするけど、個人的には現在連載中の作品で今一番おもしろい!
って、全作品読んでる訳でもないのに断言。漫画好きは必読。

2位:木村紺『神戸在住』10巻
8年にわたる連載も、10巻で完結。神戸に暮らす一人の大学生の
日常を淡々と、でも丹念に描いてきた秀作。キャラクター造形を
かなり綿密に行っているせいか、現実に存在するかのような錯覚も
しばしば。読後は、何気ない日常もいとおしく感じられるように。

3位:漆原友紀『蟲師』10巻
こちらも、長期連載が10巻で完結。日常をテーマにした『神戸在住』
とは一見まったく異なる「異色ファンタジー」といった体裁だが、
作品全体に流れる穏やかで凛とした雰囲気は、近いモノを感じる。
アニメ版も異様な完成度なので、併せて一度は見てほしい。

4位:とよ田みのる『FLIP-FLAP
『ラブロマ』の作者による、ピンボール・ラブコメ。
短期集中連載という形式がきわめて効果的に働き、ストーリーに
勢いと深化が共存。画にちょっとクセがありますが、この一冊で
読書中にはカタルシスを、読後には爽快感を一度に得られます。

5位:五十嵐大介『海獣の子供』3巻
漫画の画力というものを、今一番思い知らせてくれる作品。
ストーリーも気になることは気になるが、それにもまして
たった一枚の画から与えられる情報量は圧倒的。読まずとも
ただ眺めているだけで別世界に連れて行かれる。もはや奇書。