c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

mettagiri4.jpg

2004年に最初の刊行があり、06年に『リターンズ』、07年からは
年一回発行を目論みだしたメッタ斬り!シリーズ第4弾。
今回は、芥川賞作家・長嶋有と直木賞作家・石田衣良を
ゲストに迎えたトークショーの採録がメイン。
長嶋有のキャラクターは想定の範囲内だったけど
石田衣良がこんなに面白い人とは知らんかった。
彼の著作は、一冊も読んだことないが。飄々としてて
俗世間から遊離してるようなのに、リアリスト。
無邪気というか、屈託がなさすぎるというか、
言っちゃいけないことをさらっと言ってしまうタイプ。
そこに悪気はないから、さらにタチが悪いという。
中原昌也に食ってかかられるのも、無理はないような。
でも、何が悪かったのか本人はまったく分かってなさそう。
なんか、中原昌也が不憫に見えてきた。
ちなみに『2007年版』は、その中原昌也との対談が収録済。
対談相手は、次々と嫌いな人を紹介していく「悪意の
テレフォンショッキング方式」だそうです(半分嘘)。

■大森望・豊崎由美
『文学賞メッタ斬り!2008年版 たいへんよくできました編』
『文学賞メッタ斬り!2007年版 受賞作はありません編』
ともにPARCO出版
comics0805.jpg

春になったら、部屋片付けようと思ってたのに
本も漫画もCDも際限なく増える一方で、心折れる。
好きなだけ積み重なって、好きなだけ崩れるがいいさ。
こちとら、寝るスペースだけあれば、ええんじゃ。
kiyotan.jpg

映画終わって向かったのが、お花見で教えてもらった店。
映画館(鷹野橋)の近くだから、見たい映画があった時ついでに
寄ればいいか、と思ってて気づいたら5月も終わり近く。
時間と云うものは、儚いものですね。
afterschool.jpg

長編デビュー作『運命じゃない人』で、凝りまくってるのに
嫌味のない構成を見せつけ、映像偏重気味だった邦画界に
脚本の重要性を思い知らせた、内田けんじ監督最新作。
前作に比べると(板谷由夏はかわいかったけど)大泉洋をはじめ
佐々木蔵之介や常盤貴子など、ややメジャー感漂うキャスティング
だが、今作も俳優の力だけに頼らない、練り込まれた脚本。
sakepara1.jpg

昨年、CKBのライブでクアトロに行く途中、アリスガーデンに
人が群がってて、なんかあるのかなあと横目で眺めつつ
通り過ぎたら、後日、日本酒のイベントがあったことを知り
文字通り後の祭り。あれから一年。今度は、ちゃんと日にち
チェックして行ってきたよ。
cut0806.jpg

『Cut』新装刊第一号となる6月号に、松本人志特集。
特集が組まれるのは、例の映画の時以来か。
正直、映画はもういいよーとか勝手なこと思ってたけど
思ってた以上に、テレビという媒体に対する絶望感が
深くて吃驚した。現場の閉塞感って、想像以上みたい。
松本人志でこの状況なら、他の芸人とかに対する
目に見えない規制って、どれほどのもんなのか。
そんな中でも、やるしかないんだろうけど
かつてのダウンタウンのような強烈な個性は
もう出てくる余地がないのかも。んー、でも
無難に立ち回る人だけが生き残る世界なんて
誰が見たいんだ。テレビってタダだから、みんな
好き放題言えるし、スポンサーには逆らえないし。
いっそ、有料化にしたら、とも思うがそれはそれで
別の問題が起きそうだしなあ。やっぱり映画とか
他のメディアに活路を見出すしかないのか。
それでも、願わくば最後までテレビで戦ってほしい。
一ファンの我儘な願いだけど。
chatmiaule.jpg

猫の手借りたら、もげたにゃー。
sslband4567.jpg

第二弾が追加発表された訳ですが。
去年の面子が最高だったと思ってるような人には
ちょっと、ね…。望んでいたのとは別のベクトルに
グレードアップしたというか。なので、どっちの日に
行くかまだ迷い中。今のところ、RIP、ホルモン、9mm
のいる2日目だけど、今後の追加次第で揺れそう。
というか、揺れるような人に来てほしかったり。
まー、必死で物販並ばなくていいから気楽と言えば気楽。

http://www.setstock.jp/
okiten08.jpg

沖縄の本土復帰36年目にあたる15日から、福屋広島駅前店で
沖縄物産展がスタート。今年はマンゴーぜんざいをはじめ
マンゴークレープ、マンゴーレアチーズケーキ、
マンゴーロールケーキとマンゴー三昧。あと甘味系は
ベタにサーターアンダギーやらブルーシールアイスやら。
他も、ラフテーやテビチ、かまぼこ、島らっきょう、黒糖等と
だいたい昨年同様。あぐーまん(沖縄在来の黒豚使った肉まん)
は初めて見た。イートインは、沖縄そばやラフテーカレー、
定食などなど。ざっと見てまわった感じ、前回よりやや
種類が減ったような。気のせいかな。とりあえず今回は、
タコスとかまぼこと、オリオンビールのついでにルートビアまで
買って、泡盛(久米仙、舞富名、瑞泉)試飲して帰った。
今月20日までやってるので、機会があれば何回か行くかも。
今月6日、切串で潮干狩り中に行方不明になった小学生の男の子が
まだ見つかっていないそうです。目撃情報もほとんどないそうなので
もし何か思い当たる情報・手がかりがあれば、ささいなことでも
江田島警察署まで連絡してあげてください。

http://www.police.pref.hiroshima.lg.jp/ps/etajima/
kunikatsu1.jpg

海田って、思ってたより近いんだ。
以前、人から教えてもらった店が海田にあって
海田に行く機会を窺ってたけど、そんなのまるでなく
今回、意を決して向かってみた訳ですが。
JRで広島駅から10分弱、片道190円。
これなら、紙屋町まで行くのと大差ないな。
susishun1.jpg

店名変更した『ふか味』や『増田屋』と同じビル・同フロアの
一番奥に潜むお寿司屋さん。基本、喰い切り料理と称した
おまかせ料理(8000円ほど)のみ。と言っても、形式ばった
敷居の高い店ではなく、庶民的で入りやすい雰囲気のお店。
kkfukami.jpg

串懐石あんず』が、4月から店名変更。
やっぱり『あんず』と紛らわしいから変えたらしいです。
基本、内装はそんなに変わっておらず、メニューも
プチリニューアル程度。ただ、最近来てなかったから、
もっと前から変更されてたのかもしれない。
sgari0801.jpg

例年通り、今年も行ってきました潮干狩り。
場所も、いつもと同じ切串干潟。代わり映えしないけど
他にいいところ知らんので。とりあえず、数は採れるし。
今回は、14時前後が干潮時刻のため、早めに出発。
そのぶん、渡る前にお昼食べられんかったので
干潟前の出店で、たこ焼きと焼きそばとコロッケとビール。
いい感じに酔っ払ったところで、いざ出陣。
kuresai0801.jpg

呉でお祭りがあるらしいと教えてもらい、軽い気持ちで行ってみる。
パレードとかもあるから、フラワーフェスティバルの縮小版
みたいなもんかと思ってたら、もう50回以上続く、予想以上に
大規模なお祭り。とりあえず、パレード始まるまで
ビール飲んだり、ビール飲んだり、地ビール飲んだりしてたので
始まる頃には、すっかりできあがってる有様。
エイサー隊が出発するのだけ見届けて、帰路に着く。
何にせよ、青空の下で飲むビールは旨い。そんな結論。