c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

nitijo1.jpg

というわけで、『+C』に行ったのは、この映画を見るため。
というか、カフェで映画を見るっていう状況だけに魅かれて
映画の詳しい内容は、まったく知らないまま向かった。
はい。正直、たいして期待せずに行きました。
plusc1.jpg

所用で、可部まで行ってみた。
初可部、初可部駅。目指すは、雑貨とカフェの店『+C』。
久しぶりに可部線乗ってみたら、車内に浴衣姿の人多数。
今日なんかあったっけ、と思って可部駅に降り立ってみたら
駅前周辺でお祭りの真っ最中。
kirakira.jpg

前作からちょうど一年ぶりくらい。
CoccoのNEWアルバム。
タイトル通り、きらきらしてて、明るくて
軽やかな歌声は、はるか遠くまで通り抜けていくよう。
ひろーい草原で、空から射す光を浴びながら
聞いているような感覚。

この心地よさは、今の彼女だからこそ
生まれてきたんだろう。
本当に、復帰してくれてよかったなあ。
sakanakrd.jpg

サントリーグルメガイドをぼんやり眺めてて
見つけたお店。一見、ちょっと高級っぽい和食屋さん。
胡町にある「てっぱん横丁」の脇の階段から入って
エレベーターで上がった2階にある。
店内はカウンター9席、掘り炬燵席が最大12名まで入れる。
カウンター内では、板さん二人がテキパキ働くのが見え、
あとは着物姿の女性がお皿運んだり、お酒出してくれたり。
なかなか落ち着いた感じのお店。
ggarden1.jpg

テレビや雑誌なんかでも、よく取り上げられるビール専門店。
ビールを浴びるほど飲んでた頃なら、即座に駆けつけてたけど
今はそれほどでもないので、この前ようやく初訪問。
店の中は薄暗くて、こぢんまりとしてて、いい雰囲気。
ビールの銘柄数は、よくわかんないけどたぶん数十?
で、銘柄ごとにグラスがあるから、食器棚はグラスだらけ。
地震来たら大変だろうなあ。気をつけて。
yunagi.jpg

あー、だめだめ。
見に行くつもりなかったのに。
なんで見に行っちゃうかなあ。
原作がね…。何年か前、評判になった時に
手にとってみたけど、ツラくて途中で止めて、それっきり。
いつかまた、縁があれば読もうって手放したのに。
映画化とかしてんなよ。うっかり見に行っちゃったじゃん。
setstock0702.jpg

今年は、あいにくの曇天模様。
でも雨はたまにパラつく程度。
むしろ過ごしやすい気候だったかも。
しかし、こんな豪華にして、どうするつもりなんだろう。
来年は10周年だから、もっとがんばるかもしれんが
その次の年には一気にスケールダウンするんじゃ…
って、不安になるくらい詰めこみすぎ。
神楽殿?あー、エアギターやろ。無視無視。
とか言ってた俺を殴ってやりたい。
ambai.jpg

流川をぐーっと奥に進み、薬研堀通りに面した角に
位置する。目立つ場所にあるけど、案外気づかない
感じの佇まい。カウンター6~7席とテーブル2卓の
とてもこぢんまりとしたお店。丸坊主の店主お一人で
テキパキ調理、接客も丁寧にされている。
canova2.jpg

ランチとか、何年ぶりだ。
朝も昼もコンビニで済ませて、夜に一気に
呑み・食べるっていう、あまり健康にはよろしくない
生活続きで、お昼に外で食べるという発想自体がなかった。
だから、たまに昼に外出すると、ドキドキする。
太陽が、眩しすぎて、うんざりだ。
5emon2.jpg

あれ? そう言えば、お好み焼きのこと
一度も書いたことがないな。広島に住んでるのに。
ただ一般の広島人に比べると、お好み係数が低いのは確か。
お好み焼き一枚だけで、お腹いっぱいになるのが
なんか理不尽というか。
tsos.jpg

わー、コレありなんだ。
とにかく、すげえとしか言いようがない。
いい意味でも、悪い意味でも。
見終わった後、軽く呆然。
ここまで徹底して、監督の“想い”だけを
突き詰められると、ある種、清々しくさえある。
大半の観客は、置いてけぼりにされるけど。
rollchan.jpg

コンビニの戸棚で寝てたところを見て、心掴まれる。
即、ウチの冷蔵庫へ保護された、ロールちゃん(5)。
焼酎や泡盛に囲まれて、楽しく過ごす日々。
でも賞味期限がきたから、さよならしました。
また、逢う日まで。
carpset.jpg

SETSTOCKとカープのコラボTシャツ!
意味わかんねえ。超欲しい。
カープ坊やが、エルビス仕様。
いや、むしろダイノジ・おおちか。
会場でも売ってんだろうけど、
待ちきれないので先行予約へGO!
でも、これ一人で着て行くのは勇気いるな…。

http://www.carp.co.jp/
hiroppa1.jpg

八丁堀は広島県庁の近く。
この前行った『海物語』隣のビルにある。
こちらも開店が昨年11月頃と、まだ新しいお店。
店名の通り、西洋料理をほどよい分量で提供してくれる。
いろんなモノをちょこちょこ食べたい一人客には、
かなり嬉しい店。
musouan1.jpg

子どもの頃、一番好きな食べ物がなぜかざるそばで
たまに外食に連れて行ってもらう度に頼んでた。
でも、大きくなるにつれて、そばじゃ腹ふくれねえや
と遠ざかるように。20歳頃、信州で食べ尽くしたのも一因か。
今なお、麺類はあまり積極的に食べないけど、
たまには、そばをツマミにお酒を飲んだりしてみたい。
そんなわけで、最近、的場町にできたそば屋『夢草庵』に
行ってみた。まったく同じ店名のそば屋が井口にあるけど、
関連はよくわかんない。でも、店主の顔が似てる気がする。
tsuru1.jpg

映画の後は、横川で飲み屋探索。
横川というか、西区はほとんど来ることがないので
手探りであちこち見て回る。ガード下なんかに
いい感じの怪しい店が多く、悩みまくり。
でも、魚食べたい気分だったので、そういう系の店に
ターゲットを絞って見つけたのが、ここ。
店の前にお品書きが置いてあって、渋めのお刺身が揃ってたので。
kofujimoti.jpg

横川と言えば、こふじもち。でも本店は、府中町。
そんなこふじもちに、映画のついでに寄ってきた。
店名の通り、お餅がメインで、テイクアウトコーナーでは
お餅や団子、いなり寿司を販売。でも、いったん店内に入ると
うどんやそば、おむすびも食べられる甘味処。
生ビールやお酒もあるので、磯辺焼きやいなりをツマミに
呑むのも可。かなり魅かれたけど、お昼食べた後だったし、
これから映画見るから断念。暑かったから、かき氷!と
思いかけて、見つけたソフトクリームぜんざい。
気になるものは、とりあえず頼めの精神で注文。
ソフトクリームに、あずきがのってる一品でした。
ほどよい甘さで、食べやすい。でも、量は「小さい」方でも
そこそこの分量。男一人にゃ、これで十分。

■こふじもち/広島市西区横川町3-3-1[10:00~20:00]
sidecar1.jpg

(一応)芥川賞作家・長嶋有の短編の映画化。
個人的には、長嶋有の作品の中で一番好きだけど、竹内結子か…。
あんまり好きじゃないなあ、とか思いつつ見に行くことに。
場所は、横川シネマ。曽我部恵一のライブ以来。
というか、ここで映画見るのは、かなり久しぶり。
何年ぶりだろう。前に何を見たのか、まったく思い出せん。
『ノー・マンズ・ランド』? いや、あれはだいぶ前か。
んーー…まあ、いいや。