c r o s s + c o r e

kuro score >>> cross core !!!

michelinhrsm1801.jpg

2013年に発行されてから、ちょうど5年。
ミシュランガイド広島版が、愛媛のお店も加えて
再び発売。今回も唯一の三ツ星は、5年前に獲得し
ゴ・エ・ミヨ』でも広島最高点だった『なかしま』でした。

個人的には、『昇月庵』と『そうびき』が今回初掲載ながら
二ツ星を獲ったのは素直に良かったなあと思った。両店とも
素材や料理にこだわる一方で、接客的にはあまり前に出すぎない
というのが共通点かもしれない。一方で『白鷹』や『吉鮨』等の
名店も、今回初掲載というのは不思議な気がする。『喜多丘』が
一ツ星のままで星が増えないのも個人的にうーん…という感じですが
細かいこと言い出したらキリがないので、このへんで。それより
この5年の間で、前回掲載してたのに残念ながら閉店してしまった
お店もいくつかあるので、好きな店、大事な店にはできるだけ
顔を出すようにして、長く続けていってもらえるよう応援したいです。
gaultmillau2018.jpg

世界20カ国で刊行されているフランス発のレストラン
ガイド『ゴ・エ・ミヨ 東京・北陸・瀬戸内2018』が
発売されてたので買ってみた。なぜか広島・愛媛版が
出ると思い込んでたけど、それは来年5年ぶりに出る
ミシュランガイドの方だった。うっかり。こちらは
広島、岡山、山口という瀬戸内3県に加え、東京と
北陸3県(石川、富山、福井)収録と、なんだかお得仕様。
でも、なぜこの3地域なのかはよくわかんないです。

内容は、「西洋料理」、「日本料理」、「寿司」、そして
カジュアル系の「POP」という4カテゴリーに分けられた
約470軒のお店を20点満点で採点。最高点は東京の8店に
与えられた19点で、広島最高は前回のミシュランと同様
『なかしま』が17点でトップでした。とりあえずざっと
見てみた感じ、かっちりフォーマルなお店が多くて
一人ではなかなか行きにくそうな印象。広島だと
『レルミタ』、『ルペール』、『ディレット』あたりは
何度かチャレンジしてみようと思いつつ、結局いまだに
行けてないなあ…。勇気が出たら、いつか行ってみます。
onhito151201.jpg

Perfumeの記事が掲載されている雑誌は音楽誌をはじめ
いろいろ買ってるけど、今月発売された『音楽と人』
12月号のインタビューが、ここ数年読んだものの中で一番
衝撃というか胸にくる内容で、しばらく茫然としてしまった。
fstvbros.jpg

『TV Bros.』で連載しているPerfumeのコラム
「たちまち、語リンピックせん?」が単行本化。
連載開始の2007年から今年9月まで計200回分を
収録しているので、背幅3cm超と辞書並みの分厚さ(笑)。
ちなみに表紙カバーは、ライブ会場で購入できる
撮り下ろしフォト仕様の「ライブ会場版」、写真なしの
黄色一色グラフィック仕様「通常版」の2種類あり。
arakijutsu.jpg

これまで『奇妙なホラー映画論』、『映画の掟』と
映画評を二冊上梓してきた荒木先生が、遂に漫画の
描き方を明かす著作を発行。王道漫画を描くために
進むべき「黄金の道」を懇切丁寧に指導してくれる。